カナディアンロッキートレック8日間

閉じる

北米・カナダ・カナディアンロッキー
カナディアンロッキートレック8日間

ロッキーの魅力を手軽に楽しむハイキングコース

トレック
ツアーコード:M401
体力度:
技術度:

ワンポイント(お勧めプラン、世界遺産)

カナダ・北米の山々の魅力はなんといっても、広々とした大地と蒼然たる大自然が楽しめること。とくにカナディアン・ロッキーは清々しく、リフレッシュするのにもってこいの環境。誰でも気軽に自然への旅を堪能できます。主役はロッキー山脈、長さ約2,500Km、幅約650Kmもの規模です。カルガリーやエドモントンなどの平野部の多い東側からの眺めが素晴しく、水平線に屹立する雄大な景観には目を奪われます。みどころは氷河に浸食された地形。氷河期の名残をとどめるコロンビア大氷原、レイク・ルイーズなどの氷河湖、多くの滝。見るものすべてが素直な驚きと感動の連続です。とくにジャスパーとバンフの両国立公園を縦断する国道95号線は「アイスフィールド・パークウェイ」と呼ばれ、雄大で美しい景観をもつ世界でもあまり例を見ないハイウェイです。このハイウェイ沿いには、トレックコースも数多く有り、初心者からベテランまで楽しめます。

旅行日程・料金・催行状況
出発日/帰国日 (料金) 催行
残席 問合せ
2017年6月21日(水)〜6月28日(水) \415,000 〜
\415,000
2017年7月11日(火)〜7月18日(火) \430,000 〜
\430,000
トレックシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
× × × × × × × ×

 
ツアーデータ
旅行日数 8日間
出発地 成田
宿泊種別 ホテル
募集人員 10名
最少催行人員 6名
ツアーリーダー有(バンフからバンフまで同行 ※途中でツアーリーダーが交代する場合がございます。カルガリー〜バンフは他社ツアーのお客様と混乗。日本語ガイドが同乗します。)
登山ガイド
食事回数(朝食6 、昼食0 、夕食5)
利用予定航空便エア・カナダ、ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空
宿泊利用予定ホテル※トレックデータベースのホテルリストをご参照ください。
最高到達高度2,611m
高度の影響 無し
1日の最高歩行時間6時間
ポーターの有無
個人ポーター手配の可否と料金
個人ガイド手配の可否と料金
共通事項(募集条件)※燃油付加料金が別途必要です。(目安:2017年3月1日現在約14,600円)
今後変更される場合は、ご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。

※出発地は日本各地からの差額代金(国内線接続が予約できる場合)はお問い合わせください。

【渡航手続き関係】

査証の必要な国名 査証は必要ありません
必要なパスポート有効期限 カナダ出国予定日+1日以上
ご提出書類
申込書、山歴書、海外旅行保険申込書、パスポートコピー(顔写真のページ)

【インフォメーション】

INFORMATION:
■カナディアンロッキー
観光の中心地バンフ、エメラルド色に輝くレイクルイーズ、10の峰が立ち並ぶテンピークスとモレーンレイク、氷河と岩の作りだす大自然の迫力ある景観が楽しめる6つの氷河の広場、雄大なコロンビア大雪原、そしてヨーホー・パスからエメラルド・レイクとシャスパー国立公園、ロッキーの魅力を満載したトレックコースです。各地域ともに青く美しい湖、雄大な氷河、緑溢れる豊かな森林とカナダの代名詞とも言える大自然が凝縮されています。一般のカナダハイキングでは訪れることの少ないロッキー山中は静かな山歩きをゆっくりと楽しみたい方には最適のトレックコースです。バンフ、レイク・ルイーズと各地滞在が2泊以上で全体的にゆったりとした日程になっているのも特長です。
コースのポイント
■モレーンレイクからテンピークスを眺めながらのトレック。
■コロンビア大雪原で望む大パノラマ。
■短期間でカナダのロッキーの4国立公園をトレック。
参加の目安
どなたでもご参加いただけます。
役割分担
■お荷物について
※荷物は大型バック(スーツケース等)と小型バック(デイパック等)にお分けいただけると便利です。ハイキング・トレック中にポーターはいませんので、必要な荷物は各自にてお持ちいただくことになります。
共通事項(インフォメーション)
■外貨換金について
ツアー中に使用するカナダドルは、外貨取扱い銀行や各空港にて換金ができます。また、ツアーの現地到着時に空港、ホテル、銀行、両替所にて随時換金出来ますので、出発時にカナダドルをお持ちいただかなくても不便はございません。カナダではほとんどの都市で日本円から直接カナダドルへの両替が可能ですので、特別に米国ドルをご用意していただく必要はございません。トラベラーズチェックも同様です。また、カナダ、米国では広くクレジットカードが普及しておりますので、現在日本で一般的に普及している国際クレジットカード(ビザ、マスター、アメリカンエクスプレス、JCB等)をお持ちいただくと便利です。
その他情報
■昼食に関して
※昼食は、ハイキング日の場合は、主に宿泊施設が用意するパックランチとなり、内容はサンドイッチ、フルーツ、ヨーグルト、チョコレート、パックジュース等になります。また、観光日や移動日の場合は、途中のレストラン、ホテル等で召し上がっていただきます。昼食のご案内については、現地ツアーリーダーが適所ご案内させていただき、お客様には実費現地にてご精算いただきます。
日程表
M401日程表(2012)
装備表
M401装備表(2012)
パンフレットの該当ページ 2017上期ATLASTREK P6
募集チラシ・別冊パンフレット原稿 M401募集要項(2012)

COPYRIGHT 2007 @ ATLAS TREK All Rights Reserved.