キナバル山(4,095m)登頂5日間:海外ツアー / アトラストレック

地球を歩く旅<世界の山脈・名峰>に皆さんをご案内します。

キナバル山(4,095m)登頂5日間:海外ツアー

アジア・マレーシア・キナバル山
このツアーをプリントするキナバル山(4,095m)登頂5日間

東南アジア最高峰登頂と湯ったりポーリン温泉宿泊&キャノピー・ウォークウェイ

登頂
ツアーコード:K207
体力度:
技術度:
体力・技術レベルの目安

ページ内の写真をクリックすると拡大表示されます。

ワンポイント(世界遺産)

キナバル山(4,095m)は、東南アジアの最高峰。
コタキナバルの北北東約55kmに位置します。熱帯雨林に囲まれた山腹から花崗岩の奇岩が林立する姿は非常に印象的です。この岩峰群は約1万年前の最終氷河期まで山頂付近を覆っていた氷河の堆積によって作り上げられたものと言われています。初登頂は1924年イギリス人のエバンスらによってなされました。この時はコタキナバルから現在の登山口にあたるPHQまで15日間のジャングル行進を強いられました。現在ではコタキナバルからPHQまでは、よく舗装された道を2時間のドライブで到着することができます。登山道もよく整備され、海外登山の第一歩としては理想的な山といえます。日本で普段から南北アルプスクラスの登山に親しんでいれば、体力的・技術的には問題ないでしょう。気候は熱帯雨林気候に属し、一年中雨の多い気候ですが、午前中は晴れていることが多く年間を通じて登山は可能です。また、気温も4,000mクラスの山としては温暖ですが、夜明けの山頂では5度〜0度位まで下がることがあります。
ポーリン温泉は、マレーシアのボルネオ島サバ州、キナバル自然公園にある温泉。ポーリンとは、カダザンドゥスン族の言葉で竹の意味です。コタ・キナバルの北東のジャングルの中にあり、キナバル山の東側、標高約500メートルに位置し、キナバル自然公園の中でもある。公園本部 (Park Headquarters; Park H.Q.) からは、およそ40キロメートルの距離にあり、近くにスグッド川 (Sungai Sugut) が流れております。
もともと地元では「熱湯が噴出する恐ろしい所」とされていましたが、太平洋戦争中にボルネオ島を占領していた大日本帝国軍の手により掘削、開発されました。温泉好きの日本人と違い、現地住民には温泉入浴の習慣がなかったために、大日本帝国軍撤退後は放置されていましたが、1970年代から整備が進められ、現在は国立公園の一部として多くの観光客が訪れます。庭園風に整備された施設内には、入浴料が有料の屋内個室風呂と入浴料が無料の露天風呂があり、露天風呂も複数の小さな浴槽に分かれている。1つのグループに1つの浴槽が使用できます。使用前に自分で温泉と水の混合を調整して浸かる。キナバル山登山ツアーとのセットでこの温泉に訪れるトレッカーも多いようです。泉質:硫黄泉 源泉温度49-60度。
キャノピー・ウォークウェイは、熱帯雨林であるジャングル内に遊歩道が設置されており、1990年には、山腹に地上30メートル以上の林冠部を渡す吊り橋、キャノピー・ウォークウェイ(Canopy Walkway、延長158メートル)が設置されました。
また付近のジャングルは世界最大の花ラフレシアの自生地帯でもあります。

※このツアーに関するお問合せは、旅行日程表で希望日程の「問」ボタンをクリックして下さい。日程に関わらず、このツアーそのものに関するお問合せを行う場合は、こちら→「このツアーを問合せる」

旅行日程・料金・催行状況
出発日/帰国日 (料金) 催行
残席 問合せ
2017年1月19日(木)〜1月23日(月) \222,000 〜
\222,000
2017年2月16日(木)〜2月20日(月) \222,000 〜
\222,000
2017年3月23日(木)〜3月27日(月) \222,000 〜
\222,000
2017年4月20日(木)〜4月24日(月) \268,000 〜
\268,000
2017年5月11日(木)〜5月15日(月) \222,000 〜
\222,000

トレックシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 
ツアーデータ
旅行日数 5日間
出発地 東京(成田または羽田)、大阪(関西)
宿泊種別 ホテル、山小屋
募集人員 15名
最少催行人員 6名
ツアーリーダー有(日本から同行(ツアーリーダーが同行しない出発地の方は、経由地またはコタキナバルにて合流します)。)
登山ガイド有(現地登山ガイドが同行します。)
食事回数(朝食3 、昼食2 、夕食2)
利用予定航空便マレーシア航空、キャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空、シンガポール航空、アシアナ航空、全日空、日本航空
宿泊利用予定ホテル※トレックデータベースのホテルリストをご参照ください。
最高到達高度4,095m
最高宿泊高度 3,350m
高度の影響 多少有り
1日の最高歩行時間9時間
ポーターの有無
共通事項(募集条件)※燃油付加料金が別途必要です。(目安:2015年2月9日現在約10,400円)

※今後変更される場合は、ご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。)などが別途必要です。

【渡航手続き関係】

査証の必要な国名 ※査証不要
必要なパスポート有効期限 入国時6ヶ月以上の残存有効期限が必要です。
ご提出書類
申込書、約定書、山歴書、海外旅行保険承認請求書(登山保険申込書)、パスポートコピー(顔写真のページ)

【インフォメーション】

INFORMATION:
■登山第一日目(歩行約6時間)
登山口のPHQにて登山手続きを行ないます。登山には現地ガイドとポーター(お一人3kgまで預けることができます)が同行します。登山道はよく整備され、途中6箇所あるシェルター(東屋)にて休憩をとりながら、ゆっくり登りましょう。初日は1500mの急傾斜の登山道を登ります。周りは熱帯雨林のジャングルで様々な植物を見られます。食虫植物として有名なウツボカズラもこのあたりで見られます。標高3300m付近には大小様々な小屋があり、そのいずれかに宿泊します。一番大きな小屋はラバンラタ・ハットです。午後には必ずといっていいほどに雨に降られますので、早い時間帯に小屋に到着しましょう。また、この高度に初めて宿泊する方は、高度による軽度の低酸素症状が現れるかもしれません。

■登山第二日目(歩行約9時間)
深夜2時か3時ころに小屋を出発します。ヘッドランプの明かりを頼りに樹林帯を抜け、一部ロープが固定された花崗岩のスラブを登ります。特に危険な場所はありませんが、何箇所か急な岩場があるので、降雨直後の下りには注意が必要です。途中避難小屋のサヤサヤ・ハットから、日本ではまず見られない広大なスラブの登りとなります。フリクションをよくきかせながら、日の出と共に最高峰のロウズ・ピークへ。山頂は狭く、反対側のガリーは300mも垂直に切れ落ちているのでご注意ください。下降は、岩壁に作られたヴィア・フェラータのルートを楽しみます。ロープの橋や、鉄の杭を安全装置を使って下ります。小屋からは往路を下ります。約9時間の行程です。
コースのポイント
キャノピー・ウォークウェイ
熱帯雨林であるジャングル内に遊歩道が設置されている。1990年には、山腹に地上30メートル以上の林冠部を渡す吊り橋、キャノピー・ウォークウェイ(Canopy Walkway、延長158メートル)が設置された。また温泉のあるジャングルは世界最大の花ラフレシアの自生地帯でもあり、ラフレシア探索ツアーが催されている。
コースの注意事項
キナバル山登山は、日本で普段から南北アルプスクラスの登山に親しんでいれば、体力的・技術的には問題ありません。山小屋までの往復はポーターが同行するので、お一人5kgまでの預けることができます。気候は熱帯雨林気候に属し、一年中雨の多い気候ですが、午前中は晴れていることが多く、年間を通じて登山は可能です。また、気温も4千メートルクラスの山としては温暖ですが、夜明けの山頂付近では5度〜0度位まで下がることがありますので暖かい服装も必要です。
共通事項(インフォメーション)
コタキナバル滞在中は、設備の整ったホテルをご利用いただきます。登山中は山小屋泊(大部屋)です。
その他情報
■お食事について
ホテル、ロッジ滞在中はホテルまたはレストランでの食事となります。主に西洋料理です。山小屋では食堂で料理を提供してくれます。登山中の昼食は行動食(ご参加者自身でご用意ください)です。ミネラルウォーターは山小屋で購入できます。
日程表
キナバル登頂5日間 日程表
装備表
キナバル山5日間装備表キナバル山MAP
パンフレットの該当ページ
2016年春>>2016年秋ATLASTREK P.5
関連URLリスト
http://www.atlastrek.co.jp/blog/index.php/item/726
http://www.atlastrek.co.jp/blog/index.php/item/730

お問合せはコチラ

ツアー 一覧へ戻る

海外ツアーメニュー

条件を変更して絞り込む

■ 基本情報


(どちらか一方の選択でも可)

円〜

■ 体力・技術 

技術体力・レベルの目安


(最大6、数が大きいほど体力が必要)


(最大3、数が大きいほど技術が必要)

更に詳細な条件を追加して検索

■ 高度関連

m〜 m

m 以下

高度の影響

■ その他の情報

ツアーリーダーの有無

登山ガイドの有無

ポーターの有無

個人ポーター手配の可否

個人ガイド手配の可否

海外ツアー キーワード検索

COPYRIGHT 2007 @ ATLAS TREK All Rights Reserved.