ブルガリア最高峰ムサラ(2,925m)登頂と世界遺産ピリン自然公園を歩く8日間:海外ツアー / アトラストレック

地球を歩く旅<世界の山脈・名峰>に皆さんをご案内します。

ブルガリア最高峰ムサラ(2,925m)登頂と世界遺産ピリン自然公園を歩く8日間:海外ツアー

欧州(ヨーロッパ)・ブルガリア・ムサラ・ピリン
このツアーをプリントするブルガリア最高峰ムサラ(2,925m)登頂と世界遺産ピリン自然公園を歩く8日間

バルカン半島最高峰ムサラ登頂と世界遺産ピリン自然公園を歩きます

トレック、登頂
ツアーコード:M331
体力度:
技術度:
体力・技術レベルの目安

ページ内の写真をクリックすると拡大表示されます。

ブルガリアを代表する2つの山脈、リラ山脈とピリン山脈を歩きます。
リラ山脈は南西ブルガリアにあり、首都ソフィアから簡単にアクセスできます。最高峰のムサラ(2,925m)はブルガリアのみならずバルカン半島で最も高い峰です。また、世界遺産として有名なリラ修道院や、ブルガリアで最も古い冬のリゾート地ボロヴェッツがあります。
ピリン山脈はブルガリア南西部にあり、ストルマ川とメスタ川に挟まれ、ギリシャとマケドニアの国境に接しています。北にプレデラ鞍部を隔てリラ山脈と接していて、大部分が国立公園に指定されています。生態系も豊かで、オウシュウモミやエーデルワイスなどの植物、ヒグマ、オオカミ、キツネ、ムナジロテンなどの動物の種類も多く、2010年には、ピリン山脈の標高2000m以上に位置する草原、岩屑、頂上の高山帯が世界自然遺産に登録されました。(写真・文:早川晃生)

※このツアーに関するお問合せは、旅行日程表で希望日程の「問」ボタンをクリックして下さい。日程に関わらず、このツアーそのものに関するお問合せを行う場合は、こちら→「このツアーを問合せる」

旅行日程・料金・催行状況
出発日/帰国日 (料金) 催行
残席 問合せ
2018年6月25日(月)〜7月2日(月) \340,000 〜
\340,000
2018年7月5日(木)〜7月12日(木) \350,000 〜
\350,000
2018年7月30日(月)〜8月6日(月) \355,000 〜
\355,000

トレックシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
× × × × × × ×

 
ツアーデータ
旅行日数 8日間
出発地 成田
宿泊種別 ホテル、ロッジ
募集人員 15名
最少催行人員 8名
ツアーリーダー有(日本から日本まで同行)
登山ガイド
食事回数(朝食6 、昼食5 、夕食5)
利用予定航空便アエロフロートロシア航空、オーストリア航空、ルフトハンザドイツ航空、エールフランス航空
宿泊利用予定ホテル○ソフィア:パークホテル・モスクワ、ロディナ、ヘムス、セントラルフォーラム その他は登山用ロッジとなります。お二人で1部屋利用が原則です。各部屋にはシャワー、トイレはありますが、バスタブはありません。また、ポーターはおりません。ヨーロッパ風の清潔なロッジです。
最高到達高度2,925m
最高宿泊高度 1,000m
高度の影響 無し
1日の最高歩行時間7時間
共通事項(募集条件)※燃油付加料金が別途必要です。(目安:2018年3月9日現在約28,000円)

今後変更される場合は、ご旅行代金ご請求の際にご案内いたします

【渡航手続き関係】

査証の必要な国名 査証は必要ありません
必要なパスポート有効期限 入国時に3ヶ月以上の残存有効期間が必要
ご提出書類
申込書、山歴書、海外旅行保険申込書、パスポートコピー(顔写真のページ)

【インフォメーション】

INFORMATION:
1日目:成田空港〜各地経由〜ソフィア(ホテル泊)

2日目:ソフィア・市内観光sコヴェルダルツィ村(ロッジ泊)

3日目:コヴェルダルツィ村〜ボロヴィツ村〜標高2300m〜ムサラ山往
復〜ボロヴィツ村〜コヴェルダルツィ村(ロッジ泊)

4日目:コヴェルダルツィ村〜雄大なリラ山中を6〜7時間ハイキング〜ドブリニシチェ村(ロッジ泊)

5日目:ドブリニシチェ村〜世界遺産のピリン自然公園を6〜7時間ハイキング〜ドブリニシチェ村(ロッジ泊)

6日目:ドブリニシチェ村〜世界遺産・リラ僧院〜約2時間ハイキン
グ〜ソフィア(ホテル泊)

7日目:各地経由〜

8日目:成田空港着
コースのポイント
ブルガリアの山
●リラ山脈とムサラ峰
リラ山脈は南西ブルガリアにあり、首都ソフィアから簡単にアクセスできます。最高峰のムサラ(2,925m)はブルガリアのみならずバルカン半島で最も高い峰です。リラという名前はトラキア人の由来だと考えられ、水の豊かな山という意味です。その名のとおり200以上の氷河湖と温泉があり、エーゲ海に注ぐマリツァ川とメスタ川、ドナウ川の支流イスクル川の水源地はリラ山脈にあります。山脈の大部分は国立公園に指定され、2,000種以上の植物と豊かな動物が生息しています。
また、世界遺産として有名なリラ修道院や、ブルガリアで最も古い冬のリゾート地ボロヴェッツがあります。ボロヴェッツはリラ山脈北面に位置し、冬はさまざまなウインター・スポーツが行われ、夏は森林浴やハイキングの場を国内外の観光客に提供しています。頂上ムサラなど高いところでは8月でも雪が残っているところがあります。
●ピリン山脈
ピリン山脈はブルガリア南西部にあり、ストルマ川とメスタ川に挟まれ、ギリシャとマケドニアの国境に接しています。北にプレデラ鞍部を隔てリラ山脈と接していて、大部分が国立公園に指定されています。ピリン山脈は北部、中央部、南部の三つの部分から成り、北部は最も美しく、最高峰ヴィヒレン峰(2915メートル)、クテラ峰 (2908メートル)、バンスキス・ホドール峰(2884メートル)、バユヴィ・ドゥプキ峰(2820メートル)などがあります。
ピリン山脈は、ヨーロッパ氷河期に出来た山脈で、164ものカール(圏谷)や、170以上氷河湖があります。カザナ湖やポレジャンスキ湖、ポポヴィ湖が有名です。ポポヴォ湖は広さ1236平方メートル、深さ30メートルでピリン山脈で最も大きい湖です。
生態系も豊かで、オウシュウモミやエーデルワイスなどの植物、ヒグマ、オオカミ、キツネ、ムナジロテンなどの動物の種類も多く、自然保護区として指定されブルガリアにおける自然保護のテストケースにもなりました。った。また、2010年には、ピリン山脈の標高2000m以上に位置する草原、岩屑、頂上の高山帯が世界自然遺産に登録されました。
 ピリン山脈の北部には、東ヨーロッパ随一のスキー・リゾートとして有名なバンスコがあります。かつて牧畜業者と行商人の町であったバンスコは、古い町並みが大切に保存され、今日では冬季、そして夏季の観光の町となっていて、ブルガリア国内のみならず国際的な知名度を高めています。

リラ修道院
リラ修道院は、ソフィアから南へ123km、リラ山地の山あいにあるブルガリアで最も代表的な修道院で、ブルガリアの東方正教会であるブルガリア正教会の大本山。隠遁修道僧のイワン・リルスキー(876〜946年)が僧院を営んだ9〜10世紀に建てられました。14世紀のフレリョの塔の内部の木彫とイコンで装飾された壁画、聖書の140の場面を描いた「修道士ラファエルの十字架」などのコレクションが豊富。敷地の中央部に建てられた聖母聖堂は、ギリシャ十字の三廊式。白黒の縞模様のアーチの内部の天井や壁には、聖書の36の場面とこの地方の生活風景をモチーフにしたフレスコ画が数多く描かれています。1883年には大火災でほぼ全焼しましたが、その後、再建されました。
ブルガリア復興期の建築物の最初の傑作の一つとみなされている修道院複合建築物は、1976年に国立史跡として表明され、1983年にユネスコの世界遺産へ登録されました。


日程表
ムサラ山とピリン国立公園日程表
装備表
ムサラ山とピリン国立公園 装備表ブルガリア全図.リラ山脈 ムサラ登山マップリラ山脈 セブン・レイクス トレックマップピリン山脈 北部 地図
パンフレットの該当ページ
2018年春>>2019年春ATLASTREK P.2

お問合せはコチラ

ツアー 一覧へ戻る

海外ツアーメニュー

条件を変更して絞り込む

■ 基本情報


(どちらか一方の選択でも可)

円〜

■ 体力・技術 

技術体力・レベルの目安


(最大6、数が大きいほど体力が必要)


(最大3、数が大きいほど技術が必要)

更に詳細な条件を追加して検索

■ 高度関連

m〜 m

m 以下

高度の影響

■ その他の情報

ツアーリーダーの有無

登山ガイドの有無

ポーターの有無

個人ポーター手配の可否

個人ガイド手配の可否

海外ツアー キーワード検索

COPYRIGHT 2007 @ ATLAS TREK All Rights Reserved.