玉山(3,952m)と雪山(3,886m)登頂7日間:海外ツアー / アトラストレック

地球を歩く旅<世界の山脈・名峰>に皆さんをご案内します。

玉山(3,952m)と雪山(3,886m)登頂7日間:海外ツアー

アジア・台湾・玉山・雪山
このツアーをプリントする玉山(3,952m)と雪山(3,886m)登頂7日間

台湾の最高峰と第二の高峰を登る

登頂
ツアーコード:K225
体力度:
技術度:
体力・技術レベルの目安

ページ内の写真をクリックすると拡大表示されます。

玉山は標高差約1300mを1泊2日の行程で登ります。登山道はよく整備され、日本国内でいえば、南北アルプスの2〜3日程度の縦走登山ができれば問題ありません。宿泊する拝雲山荘は管理人が常駐していますが、通常は自炊となり寝袋が必要となります。玉山下山後は、東埔温泉で一息入れて、人気の観光名所、台湾最大の湖「日月潭」を訪れ、次の雪山登山へと向かいます。雪山も玉山同様、登山道はよく整備されていますが、標高差は玉山よりも大きい約1600mを1泊2日の行程で登りますので十分な体力が必要です。ツアーでは両山共に、登山ガイド、ポーターに同行してもらいますので、食事を提供してもらい、共同装備と個人装備の一部(寝袋、食器などお一人約4キロ)を運んでもらうことができます。台湾自体は亜熱帯の気温に属していますが、12月〜3月の時期は時として山頂付近に降雪をみることがあります。従って、冬季の登山には通常のトレック装備に加え、アイゼン、ピッケルの携帯が必要となります。(文・写真:早川晃生)

※このツアーに関するお問合せは、旅行日程表で希望日程の「問」ボタンをクリックして下さい。日程に関わらず、このツアーそのものに関するお問合せを行う場合は、こちら→「このツアーを問合せる」

旅行日程・料金・催行状況
出発日/帰国日 (料金) 催行
残席 問合せ
2009年4月29日(水)〜5月5日(火) \350,000
2009年5月25日(月)〜5月31日(日) \298,000
2009年7月27日(月)〜8月2日(日) \325,000
2009年11月2日(月)〜11月8日(日) \288,000
2010年4月30日(金)〜5月6日(木) \350,000

トレックシーズン
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
× ×

 
ツアーデータ
旅行日数 7日間
出発地 日本各地
宿泊種別 ホテル、山小屋(要寝袋)
募集人員 15名
最少催行人員 8名
ツアーリーダー有(日本から日本まで1名が同行 ※ツアーリーダーが同行しない出発地の方は、現地(台北)にて合流します。)
登山ガイド有(現地にて登山ガイド1名、ポーター2名が同行します。)
食事回数(朝食6、昼食4、夕食5)
利用予定航空便チャイナエアライン、キャセイパシフィック航空、エバー航空、日本航空、全日空
宿泊利用予定ホテル●台北:兄弟飯店、レジェンド、華華、フラワー、キリン、コスモス ●阿里山:阿里山閣国民宿舎、阿里山賓館、神木賓館、高嶺大飯店、青山別館、登山別館、国民旅社 ●東埔温泉:帝綸温泉飯店、沙里仙大飯店、東埔大飯店、東光温泉飯店
最高到達高度3,952m
最高宿泊高度 3,400m
高度の影響 多少有り
1日の最高歩行時間9時間
ポーターの有無
個人ポーター手配の可否と料金可(お問い合わせください。)
共通事項(募集条件)※ご旅行代金の他、各地空港使用料、航空保険料が別途必要です。
※8月はかなりの暑さが、9月は台風の影響が予想されます。また、12月から3月は降雪が予想されますので、アイゼンなど登山装備の携行と当社指定の山岳保険の加入が必要です。

【渡航手続き関係】

査証の必要な国名 ※査証不要
必要なパスポート有効期限 入国時6ヶ月以上の残存有効期限が必要です。
ご提出書類
申込書、山歴書、海外旅行保険申込書、パスポートコピー(顔写真のページ)

【インフォメーション】

INFORMATION:
●玉山(3952m)ルート解説
 台湾、南投県・嘉義県と高雄県とにまたがる台湾最高峰。阿里山南東約16kmに位置する。九州とほぼ同じ面積の台湾には3000mを越える高山が144座。ピークを数えると200有余の山々が連なり、台湾の総面積の55.2%が山岳地帯だ。島を東西に分ける地形を造っている脊髄山脈には5つの山脈があり、その中でも北回帰線上の阿里山山脈は玉山を筆頭に18の高峰が連なり、圧倒的な雄大さを誇っている。最高峰玉山は3952mと東アジアでは最も高く、日本から飛行機で3時間という手軽さから「近くて高き、よき山」として登山者の人気を呼んでいる。
 玉山は標高差約1200mを1泊2日の行程で登る。登山道はよく整備され、日本国内でいえば、南北アルプスの2〜3日程度の縦走登山ができれば問題ない。宿泊する拝雲山荘は管理人が常駐しているが、自炊となり寝袋が必要となる。ツアーでは登山ガイド、ポーターが同行し食事を提供してもらい、協同装備と個人装備の一部(寝袋、食器など)を運んでもらう。台湾自体は亜熱帯の気温に属しているが、12月〜3月の時期は時として山頂付近に降雪をみることがある。従って、冬季の登山には通常のトレック装備に加え、アイゼン、ピッケルの携帯が必要となる。

●雪山(3884m)ルート解説

 雪山山脈は台湾の中央山脈の一部をなしており、東北は三貂角から」、西南な濁水渓北岸までの長さ約180km、幅約28kmの規模を有している。雪山や大覇尖山など、台湾を代表する山を含んでおり、一年を通じて登山を楽しむ人が絶えることがない。その中でも雪山は標高3886mで、台湾第2の高さを誇り、玉山(3952m)、秀姑巒山(3860m)、南湖大山(3740m)、北大武山(3090m)と並んで「台湾五嶽」に数えられている。
 雪山一帯は、3886mの主峰のほかに、3021mの東峰、3703mの北峰、主峰より南に下がって3327mの志佳陽大山の4つの大きな山峰に分けられる。特に東峰は武陵農場から主峰へ向かう時の通過点で、登山をする人が最も多いところとして知られている。
 雪山で最も有名なのが中国語で氷斗(ビントウ)と呼ばれるカール地形だ。カール地形とは山地が氷河による長い侵食を受け、ちょうど円形劇場に似た凹形をした地形になったものをいい、別名「圏谷」とも呼ばれる。雪山北峰から大剣山の南北にかけての一帯、とりわけ主峰の北側にカール地形が多く分布している。
 雪山山脈には、多くの珍しい植物も繁殖している。中でも冷杉林(モミの一種)は雪山を代表する樹木だ。そのほかサッサフラス木のように北米、中国大陸、台湾の3箇所にしかないものもあり、学問的にも価値の高い植物や、モミの樹木が落雷を受けた後に酸化され、幹だけが白くなりまるで針が木にささっているように見える雪山白木樹、鳳仙花、台湾ツツジなどさまざまな植物が見られる。その種類は1103種にのぼり「植物の宝庫」と言っても過言ではない。

コースのポイント
●玉山
第1日目(歩行約6時間)
 かつて台湾の人々にとって新婚旅行のメッカだった阿里山より、送迎車で上東埔へ登る。車を乗り換えて、警察のチェックを受けて、塔塔加(タタカ)鞍部へ。登山は塔塔加鞍部から始まる。玉山主峰から西に落ちる稜線の緩やかな山腹道を辿る。登山道は明瞭でよく整備されているが、谷側は30〜40mほど切れ落ちているので注意が必要だ。冬季以外は日差しも強く、暑く感じる。通常は西峰下山小屋(東屋)で昼食の時間となる。このあたりで初めて玉山主峰を望むことができる。さらに登山道を約2時間登ると、宿泊地の拝雲山荘(標高3400m)に到着する。拝雲山荘には管理人はいるが、寝具はなく食事も自炊となる。ツアーでは同行するガイドが中華料理を作ってくれる。

第2日目(歩行約9時間: 登り2時間、下り7時間)
 通常は午前3時頃起床する。軽食を取り4時には出発する。ヘッドランプの明かりを頼りに樹林帯を進む。ガレ場にさしかかるころ夜が明け始める(冬季は頂上近くで夜が明け始める)。所々に鎖場のある登山道を登り、一旦西稜に出る。この付近は風口と呼ばれ風が強い。特に悪天時や冬季には猛烈な風が吹く場合がある。防風対策を整え、連続する鎖場を越えると頂上に到着する。山頂は比較的狭いが、天候がよければ遥か台湾海峡を望むことができる。
同一ルートを慎重に下降し、拝雲山荘で朝食を取り、一路塔塔加鞍部へ下山する。

●雪山
第1日目(歩行約2時間)
 雪山主峰、東峰の登山口は武陵農場内(1800m)の誠荘にある。登山道を進み約2時間で尾根上にある七?(シチカ)山荘(標高2500m)に到着する。七?山荘は、拝雲山荘と同じく寝具はなく食事も自炊となる。ツアーでは同行するガイドが中華料理を作ってくれる。水は近くで汲むことができる。

第2日目(歩行約10時間: 登り6時間、下り4時間)
 七?山荘から先はずっと上り坂になっており、広々とした草原や枯木が所々に見えるほか、南湖や中央尖山稜を見下ろすことができ、前方の雪山東峰の山並みはなだらかで美しく見える。東峰からは平坦な道を進み約1時間で三六九山荘に到着する。山荘からはモミの樹木やカール地形を見ながら、緩やかな稜線を約2時間で雪山主峰に到着する。帰りは往路を七?山荘まで下る。

第3日目(歩行約1時間30分)
 往路を武陵農場まで下り、送迎車で台北に戻ります。

共通事項(インフォメーション)
●お申し込み期限
各ご出発の45日前(ただし定員になり次第締切らせていただきます) 但し、上記の入山申請の理由で、申請枠が満員の場合はお申し込みをお受けできない、あるいは許可取得の回答が遅れる場合があります。

玉山入山申請は外国人特別枠の中で申請いたします。入山日の40日前が申請の締め切りとなります。満員となっていない場合は、約30日前には許可がいただけます。同様に、雪山の七?山荘宿泊にも予約が必要です。一般登山者同様に45日前までに予約が必要です。ゴールデンウィークなどは非常に混雑し、早めに満員となってしまいます。その場合はキャンセル待ちか抽選となってしまい、回答が遅れ、結果的に許可が取れないことがあります。予めご了承ください。お申し込みは45日前までに限らず、なるべくお早めにお願いいたします
日程表
玉山と雪山登頂7日間日程表
装備表
玉山 雪山装備表玉山登山ルート雪山登山ルート
募集チラシ・別冊パンフレット原稿
2009秋〜2010春 ATLASTREK P.16

お問合せはコチラ

ツアー 一覧へ戻る

海外ツアーメニュー

条件を変更して絞り込む

■ 基本情報


(どちらか一方の選択でも可)

円〜

■ 体力・技術 

技術体力・レベルの目安


(最大6、数が大きいほど体力が必要)


(最大3、数が大きいほど技術が必要)

更に詳細な条件を追加して検索

■ 高度関連

m〜 m

m 以下

高度の影響

■ その他の情報

ツアーリーダーの有無

登山ガイドの有無

ポーターの有無

個人ポーター手配の可否

個人ガイド手配の可否

海外ツアー キーワード検索

COPYRIGHT 2007 @ ATLAS TREK All Rights Reserved.