地球を歩く ATLAS TREK / アトラストレック

地球を歩く旅<世界の山脈・名峰>に皆さんをご案内します。

国情報 > 北米・カナダ・アラスカ > カナダ

カナダ

2006/04/19現在

『食事に関して』

*ツアー期間中の食事条件はパンフレットに記載のとおりです。*朝食はホテル、ロッジでご用意いたしております。避難小屋ではツアーリーダー、現地ガイドが調理致します。

*昼食はハイキング日の場合、主に宿泊施設が用意するパックランチとなり、内容はサンドイッチ、フルーツ、ヨーグルト、チョコレート、パックジュース等になります。また観光日もしくは移動日の場合は途中のレストラン、ホテル等での食事となります。(バンフにおいては日本食のお弁当を昼食としてご案内することも出来ます)

*一部食事をご用意していない場合もございます。これは皆様方にバンフにて様々な料理をご自分の好みでお楽しみ頂く為のプランです。バンフでのレストランは、日本語メニューや写真付きのメニューを揃えている所もございます。食事に関し皆様に不安がない様、現地にてツアーリーダーや現地スタッフが、詳しくご案内させて頂きます。

*Cコースの山中での食事は当社ツアーリーダーと現地ガイドがお作りいたしますが、ご参加の皆様方にも若干お手伝いしていただきますので、何卒ご了承ください。尚、食料は当社でご用意致しますが、運搬は皆様方にもお持ちいただきます。(お一人様あたり約2〜3キロ)

『荷物について』

*荷物は大型バック(ス−ツケ−ス等)と小型バック(ディパック等)にお分け頂けると便利です。

*ハイキング・トレック中に、ポ−タ−はいませんので、必要な荷物は各自にてお持ち頂く事になります。

*Aコースではお客様が乗車される送迎車に荷物を預けて各都市を移動します。

*避難小屋に滞在するCコースでは、縦走に必要ないものはキャンモアのホテルに預けていただき、縦走終了後のバンフのホテルまで弊社にて搬送します。また縦走中は荷物を持つポーター等はおりませんので、各自の個人荷物は皆様方でお持ちいただきます。共同装備である鍋や燃料等の料理用食器類はガイドが持ちますが、お客様の食料(材料はこちらでご用意いたします)、個人用食器、寝袋、マットレスはお客様にてご用意いただき、ご自身にてお持ちいただきます。

『電気製品をお持ちの方』

*カナダの電圧は110V、プラグの差し込みもほぼ同じ形なので日本の電器製品はそのまま使用する事も可能ですが、精密な電器製品を使用する場合には変圧アダプター等を使用することをお勧め致します。

『服装について』

*トレック中の服装に関しては別紙の各コース別装備表をご覧下さい。但しこの装備表は一般標準装備となりますので各自ご自分の経験等に合わせてご用意下さい。

*各都市間の移動やハイキング・トレック時以外ではお好みの服装で結構です。各ツアーで利用するホテルでは服装には制限がございません。但し、各自のお部屋以外での下着や寝巻、スリッパ等は慎むようお願い致します。また、ホテル内のレストランでは盛装する必要はありませんが、登山靴、トレッキングシューズは断られる場合がございます。運動靴等をご用意下さい。

*各地共に朝、晩と日中の気温差が激しいので服装にはご注意下さい。

『外貨換金について』

*各ツアー中に使用するカナダドルは、外貨取扱い銀行や成田空港にて換金が出来ます。また、それぞれのツアー地到着時に空港、ホテル、銀行、両替所にて随時換金出来ますので、出発時にカナダドルをお持ち頂かなくてもご不便はございません。カナダでは殆どの都市で日本円から直接カナダドルへの両替が可能ですので、特別に米国ドルをご用意していただく必要はございません。トラベラーズチェックも同様です。

*また、カナダ、米国では広くクレジットカードが普及しておりますので現在日本で一般的に普及している国際クレジットカードをお持ちになると便利です。(ビザ、マスター、アメリカンエクスプレス、JCB等)

『ショッピングに関して』

カナダのショッピングといえば第一に毛皮やセーターといった衣料品、第二にスモークサーモンに代表される海産物や食料品、第三にインディアンがつくる手工芸品が有名です。

1)衣料品

毛皮は自然に恵まれたカナダならではの代表的商品で値段は日本に比べて割安で種類も豊富です。そして人気の高いカウチンセーターはカナダインディアンが300以上年にわたって伝承してきた文化遺産です。脱脂していないウールを使用しているので多少重く感じますが、そのぶん長く愛用いただけます。

2)食料品

カナダのおみやげといえばスモークサーモンと言われるほど広く知られています。種類も多く販売されています。海の代表がスモークサーモンであれば、陸の代表は広大な牧場で飼育されるアルバータ牛。真空パックのものをステーキとして、乾燥させたビーフジャーキーはおつまみとして最適です。そしてカナダの国旗にも使われている楓から取るメープルシロップもカナダを代表する味覚の一つです。

3)手工芸品
北米大陸の先住民族であるインディアンの民芸品としてトーテムポールのレプリカや革製品、仮面、そしてイヌイットのつくるソープストーンといわれる綺麗な石の彫刻はカナダの多くのギフトショップでお求め戴けます

『消費税に関して』

*カナダでは一律7%の連邦消費税がかかります。海外からの旅行者については指定商品やサービスに関して書類申請をする事により、この消費税の還付が帰国後受けられます。

時差

広大な国なので地域により時差は以下の6つに分かれる。(夏時間表示)
太平洋(バンクーバー):マイナス16時間、山岳部(バンフ):マイナス15時間、中部(ウィニペグ):マイナス14時間、東部(トロント等):マイナス13時間、大西洋:マイナス12時間、ニューファンドランド:マイナス12時間半。例)日本が正午の時,バンフでは前日の午後9時

商店の営業時間の目安

09:00〜18:00(標準営業時間)
土曜は午前中のみ営業。日、祭日は休み。但し、山岳リゾ−トではお土産店等、日、祭日も営業する店もあります。(場所によって、多少の違いがあります。詳しくは、現地ガイドにお尋ね下さい。)

レストランの営業時間

通常,朝食は07:00〜10:00,昼食は11:00〜14:00,夕食は18:00〜22:00。酒を出す店では19:00〜02:00頃まで。

通貨

カナダドル(CAN$またはC$) 1CAN$=約104.21円/2006年4月現在
1CAN$=100¢ 紙幣は2,5,10,20,50,100,500,1000ドル
硬貨は1セント(ペニー),5セント(ニッケル),10セント(ダイム),25セント(クオーター)
1ドル(ルーニー),2ドル 注/カッコ内は通称。

両替

銀行は午前10時から午後3時(月〜水),午前10時から午後4時〜6時頃(木,金),土,日,祭日が休み。両替所は空港、鉄道駅等にあります。営業時間は航空機、列車の発着時間に合わせています。ホテル等でも両替できます。一般的に日本円から直接カナダドルに両替できますので,米国ドル等に両替していただく必要はありません。

チップ

レストランでは料金がサービス料を含まない場合は料金の10〜15%程度が目安。サービス料込みの場合不要。また、サ−ビスが良かった場合、小銭程度のチップを。ホテルでは枕チップに1ドル程度。ポーター,ルームサービスも1ドル程度。タクシーの場合料金の10〜15%程度が目安。

郵便

手紙=カナダ国内(30gまで43¢)アメリカ(30gまで50¢)日本(20gまで95¢)
葉書=カナダ国内(50gまで69¢)アメリカ(50gまで74¢)日本(20gまで95¢)
所要日数は4〜7日位 切手は郵便局の他,ホテルのフロント,駅,空港にて購入可。

電話

公衆電話のかけかたは日本とほぼ同じ。5¢,10¢,25¢が使用できる他,テレフォンカード,クレジットカードも使用できる。
 【日本への国際電話は011+81+市外局番+番号】
 また便利な方法としてカナダから直接日本語でKDDに通話申込みができるジャパンダイレクトがある。【1−800−663−0681】

電圧

110V,60Hz.プラグは日本とほぼ同じ形なので基本的に使用できるが,長時間使用する場合や精密電気製品を使用する場合は変圧アダプターが必要。

在カナダ日本公館

在カナダ日本大使館
住所:255 Sussex Drive,Ottawa,Ontario,Canada.K1N9E6
電話:(613)241−8541

在バンクーバー総領事館
住所:1177 West Hastings Street,suite 900,Vancouver,BC,Canada
電話:(604)684−5868 

飲料水

ミネラル分が多少多いが味はよい。水道から直接飲料可。スーパー等では簡単にミネラルウォーターが手に入る。

COPYRIGHT 2007 @ ATLAS TREK All Rights Reserved.