Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

8月 2010を表示しています

アテネでのひととき。

8月 25, 2010 by Mura | コメントを投稿する
ヨーロッパアルプスから帰国しました。
涼しいアルプスから酷暑の日本。人ってこんなに汗が出るんだ~と再認識しつつ、終わらない夏を東京・四ッ谷で満喫しています。

さて、アルプスのご報告は後ほどとさせていただくこととしまして7月のギリシャの続きにお付き合いを・・・。

クレタ島からアテネへと飛び、市内観光へ。

アクロポリス(高い丘の上の都市の意)のご存じ、パルテノン神殿。
パルテノン神殿以外にも遺跡が残っています。ニケ神殿のニケは勝利の意でスポーツメーカーのナイキ(NIKE)はこれが名前の由来です。

正面にはリカヴィトスの丘。標高273mのアテネで最も高い丘です。

35℃。暑いですが、日本とは違う暑さです。日陰の涼しいこと涼しいこと。

シンタグマ広場にある国会議事堂。青空に映える美しいカラー。手前両側にある「無名戦士の墓」では毎時0分に衛兵の交代式が見られ、観光客が集まります。

夕食。ギリシャサラダとスブラキ(串焼き)。この日は魚のスブラキでした。美味。
アテネの夜は騒々しく、正に人種の通り道を実感します。

ニュースで騒がれているギリシャですが、アテネ市内のデモなどは短時間で、かつ民主的に行われていて、観光には影響ありません。またギリシャ人は親日家が多く、旅行者を歓迎してくれます。ぜひ機会があれば訪れてみてください。
(東京・村上)

ツェルマットより。再びヘルンリ小屋へ。

8月 20, 2010 by kuro | コメントを投稿する
(アトラストレック「非」公式ツイッターより引用)
村上洋介、「ツェルマットなう」。

ヘルンリ小屋周辺は多い所で1m弱の積雪。今朝は朝から晴天で良く融けてましたが日陰はカリンコリン。慎重に下山しました。肝心のマッターホルン登山はといえば、ガイド登山は皆無、雪と岩を楽しみたい個人クライマーが数組のみ。

さすらいのツアーリーダー村上洋介のツイッターアカウントは、yosukemurakami1
(東京・黒澤 for 村上)

マッターホルンの麓、ツェルマットより。

8月 13, 2010 by kuro | コメントを投稿する
昨年に引き続き、マッターホルンの麓、ツェルマットを訪れたお客様よりレポートが到着。印象的なシーンを掲載させていただきます。
(Sさんいつもありがとうございます)。

体調を整える為に訪れる、ゴルナーグラードへのトレック。写真はゴルナーグラード展望台。左手奥にマッターホルン東壁。


続いてリッフェル湖に映る、「逆さマッターホルン」。


マッターホルン登山の基点となる「ヘルンリ小屋」、登山家のための存在価値以外にも、ハイカーやトレッカーにとっても展望に優れた場所で、アトラストレックのトレックツアーでも人気のスポットです。


最後は、度々マッターホルン登山等でお世話になる、ツェルマットの山岳ガイドの手配をする「アルピン・センター」。ツェルマットのメインストリートをヤギの群れが行く。


日本は酷暑ですが、現地は10℃を下回るほどの快適な気候のようでした。アルプスのシーズンはまだまだ続きます。

これからご出発を控えたお客様もお怪我などなされませんよう、夏のアルプストレックを堪能して下さい。(東京・黒澤)

いよいよ明朝。Let's enjoy climbing!

8月 10, 2010 by kuro | 3 つのコメントを見る
ヘルンリ小屋に滞在中の村上よりレポート。マッターホルン頂上を目指して明朝出発とのこと。

良い結果がでることを祈りつつ。(東京・黒澤 for 村上)

ギリシャ・クレタ島サマリア渓谷トレック。

8月 02, 2010 by Mura | コメントを投稿する
8月です。連日の猛暑にうんざり、といったところでしょうか?夏は夏らしく暑いのがやはり一番ですが、水分補給はしっかりしましょう!
7月13日(火)~21日(水)でギリシャへ行ってきました。最高峰オリンポス山登山とクレタ島・サマリア渓谷トレックを楽しむ9日間です。

エーゲ海に浮かぶクレタ島の古都ハニアはヴェネチア統治時代の名残が残る町並みが素敵。夜はヴァカンスを楽しむ人・人・人でした。

ギリシャのどこのテーブルでも並べられる新鮮な野菜、チーズにたっぷりのオリーブオイル。大地の恵みをいただきます。
続きを読む...

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2010-08   >
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報