Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

衛星携帯電話の使い道。

Feb 27, 2015 by kuro
個人的には、スマートフォンを日常でできれば使いたくないタイプ。
私が普段、スマホを使いたくないのは、以下の動画が端的に表現しています(スマホに限らず、携帯電話も同様で、要はマナーの問題ですが)。



業務上しかたなく、カーナビ代わりにAndroid端末を使ったり、海外で現地のSIMカードを入手して情報を得るために使ったりという程度の限定的な使い方はします。タブレットも営業で画像や動画を見せるには便利で使いますが、電子書籍や新聞の閲覧も含めて最近ちょっと抵抗感を感じるようになりました。

日頃の通信手段のメインは通話エリアが広いことが理由で使用しているガラケー(NTT docomo)。(最近、ガラケーの需要が増してきたらしい。スマホに乗り換えた人が2台持ちで改めて契約しているのだと思いますが)最低限度の防水性やボタンのクリック感がほしいとか、電池の持ちとか山で使うには押さえておきたい機能のみを求めた結果です。

メールの受信は言わずもがな、できればかかってくる電話の着信ですら野外でのアクティビティに取り組んでいる最中は実はあまり反応したくないもの。

であれば、思い切って、こちらの都合の通話(発信)を主な使用目的とし、せいぜいテキストの送信はSMS程度の利用に留め、待ち受けを前提としないような電話にしてしまおう、と考えた時に、候補として上がるのが「衛星携帯電話」。唐突ですが(笑)。

ソフトバンクモバイルから発売中の衛星携帯電話。

画像の衛星携帯電話は、大分ハンディなサイズになり持ち運びは可能(まだ少々重いし、かさばるけど)。

スラーヤの場合、南西方面にアンテナを向けてないと通話できないので、基本コールバックか、時間を決めて待機していないと先方からの電話が受けられません。これを不便とみるか好都合とみるか。ライフスタイルとしてアリかとか。

最近は、旅行中は携帯電話(スマホ)を、ホテルのフロントにあずけて、自らで使用を制限したりする方もいるそうです。
電源を切るとか、そもそも持参しないというのが簡単なのですが、人間の弱いところ(あるいは社会的な立場上、通信手段を持たないという訳にもいかず・・・)で、いざという時の通信手段はやっぱり確保しておきたいと。

この点でも衛星携帯電話は最強ですね。野外で南西の空が開けていればどこでも通話が可能なのですから。


GPSや衛星携帯電話はあえて持参しないという冒険家もいますが、我々一般人は、そこまでリスクは負えない。
でも過剰な繋がりからは自覚的にある程度距離を置きたい、そんなニーズを衛星携帯電話は叶えるかもしれない。

などど、衛星携帯電話の日常ユースを考えていて思ったことでした。
(東京/黒澤)

コメント

まだ投稿はありません

コメントを投稿する

Comment Form

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2015-02   >
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報