Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

August 2015を表示しています

稲葉ガイドをサポートする会 2016年 《稲葉カレンダー》 のご案内

Aug 31, 2015 by kuro | 2 つのコメントを見る
「稲葉ガイドをサポートする会」さん製作の、山岳ガイドの仕事を垣間見ることのできる、今までありそうでなかったカレンダーが手に入ります。

職場と自宅の2016年のカレンダーはコレに決定!早速、購入しました!
ガイドの稲葉英樹さんの応援商品です。(東京/黒澤)

メンヒとユングフラウ

Aug 17, 2015 by kuro | 2 つのコメントを見る
グリンデルワルド地域からのレポート。
夏のアルプス登山がライフワークのSさん。今年は、ユングフラウ(4,158m)を一般ルートのロータルザッテルより。
高所順応と足慣らしにメンヒ(4,107m)にも登山。

取付き--メンヒ頂上--取付き--メンヒヨッホ小屋
10:35-(2時間)-12:35/13:05発-(1時間50分)-14:55-15:15
メンヒ登山後、メンヒヨッホ小屋(3,650m)に宿泊。
翌日からユングフラウ登山へ。


メンヒヨッホ小屋--ユングフラウ頂上--ユングフラウヨッホ駅
03:25-(3時間55分)-7:20/7:45-(3時間)-10:45

Sさま、大変お疲れ様でした。(東京/黒澤)

夏のアルプスクライミング中間報告

Aug 17, 2015 by kuro | コメントを投稿する
今年のアルプス登頂シリーズ(モンブラン登頂、マッターホルン登頂他)もそろそろ終盤へ。今夏の夏のアルプスの特徴は、

1)冬の間に降雪が少なかった。
2)夏に入り、連日好天と気温の高い日が続いた。

これらのより、モンブランは7月中旬に早々とテートルース小屋~グーテ小屋間のルートが閉鎖。グランクーロワールの落石の危険が高まったためです。

この影響により、既に日本を発ったのち急遽、モンブラン登山ができなくなったツアーご参加の皆様は、やむなくイタリア側のグランパラディーゾ(4,061m)へ転進しました。こちらの登山もエマニュエル二世小屋に宿泊しての2日間の登山ですが、無事全員が登頂してツアーを終えました。



同時期にツェルマット方面、マッターホルンに向かった7名様は、雪の少ないコンディションと天候にも恵まれ予備日を消化することなくスムースに全員が登頂となりました。次の画像は、マッターホルン登頂にプレゼントされる登頂証明書。



8月の頭に、直前の降雪等により一時的にモンブランの登山ルートが通行可能となり、受注型企画旅行にてご出発されたお客様、鈴木昇己さんがガイドするエコールミレーモンブラン登頂ツアーの皆様が奇跡的なタイミングで登頂。このグループが帰国するタイミングで再びモンブランの登山ルートは閉鎖(厳密には禁止ではなく登山の延期の勧告。実質的にガイド登山はされない)されました。

その後、日本人登山者がマッターホルンで遭難、モンブランでも日本人登山者が落石により遭難とのニュースは知られている通りです。

グリンデルワルド周辺で登山をされているお客様からはアイガーも含めて良いコンディションとのこと。

悪天候にほとんど登山ができなかった昨年とは対照的なシーズンですが、思わぬ気温の上昇で少なからず登山活動にも影響が出たシーズンでもあります。

今年は、マッターホルン登頂150周年の記念の年。まだ、現地で登山中のお客様もまだ多くいらっしゃいます。怪我などなく無事ご帰国いただけるよう、皆様が持てる力を発揮して充実した登山ができるよう、引き続き見守りたいところです。(東京/黒澤)

山の日

Aug 11, 2015 by kuro | コメントを投稿する
新聞などでも、来年から始まる、国民の祝日「山の日」の広告を目にします。来年の今日8月11日から。

水をさすわけではありませんが、
富士山が世界遺産になった途端に、富士登山を目指す方が激減したとか。昨年のブームはどこへいったのでしょう、今年の7月も富士登山は17%減とか。一部の山小屋のご主人に聞いても登山者の減少は感じているらしい。

「山の日」もブームの沸点でいよいよ開始!~直後に山を目指す人が減りました、とならないように祈りたいところです。

そうならないために会社も社会的使命を果たし・・・、(略)。

個人的には、ただ山で自然に触れて、自然と会話することで得られる喜びを感じていたい。

「何て名前の花だっけ?」「マツムシソウ?」
日常のつまらないトラブルも、少しでも忘れられたらいいですね。

さ、夏も本番。頑張って仕事に励みましょう。(東京/黒澤)

安達太良山と岳温泉

Aug 05, 2015 by kuro | コメントを投稿する
機会を作って積極的に福島へ出かけています。
手頃な登山と今回のメインは温泉宿での滞在でした。
日本百名山の一つ安達太良山(1,700m)は、くろがね小屋に宿泊して1泊2日で出かけるプランもポピュラーですが、登山は日帰りにとどめ、麓の岳温泉での滞在で癒されてきました。

山旅のスタイルも多様であるべきで手頃な登山と時には贅沢な宿に宿泊して、温泉や美味しい食事時を楽しむというのも良いものです(最大公約数的なツアー登山の場合、どうしてもメインの目的が経済的に登頂ということになりますが)。

岳温泉のお湯は「酸性泉」で、全国的にも珍しいらしいです。宿泊はせずとも「岳の湯」の素朴な温泉に立ち寄るだけでも魅力を堪能できます。

岳温泉周辺には魅力的な宿も多く、人気も高いので週末はなかなか予約も困難です。今回お世話になったのは、扇やさん。
山登りの旅行はプロでも、あらためて日本の温泉宿の魅力の奥深さを再認識しました。豪華さやあるイメージに沿った総合的な演出や、必ずしもコストをかければいいわけではない過ごしやすさの追求、本来多様である価値や個性、意外性や非日常的なワクワク感など、感性を敏感にすれば、言葉にはできない魅力を感じることができます。

ツーリズムについて、あらためて多くのことを考えさせられた週末でした。

*「岳温泉あだたらの宿 扇や」さん、お勧めです。(東京/黒澤)

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2015-08   >
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報