Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

2013SHR(夏のオートルートトレック)

Aug 07, 2013 by kuro
SHR=Summer Houte Routeね、
って通常は夏のCtoZ(Chamonix to Zermatt)って言うのかな・・・?
こちらも例年と比べて極端に残雪の多い夏のオートルートトレック。
最初の難関はモンフォー小屋からプラフルーリ小屋の行程。

いったいどこが夏山(笑)?雪山トレックじゃあないですかっ!
ティルマンの峠を経由するエスケープもあるんですが、果敢にもショーのコルを越えました。苦労はしましたが天気にも恵まれ静かな山旅を満喫しました。結果、予定のルートを完全踏破できました。

個性的な山小屋の宿泊も魅力です。モンフォー小屋のいつもの気のいい働き者のスタッフやプラフルーリ小屋のおばちゃん、ディス小屋の名物オヤジと気さくなスタッフ・・・などなど。

写真はモンブラン・ドゥ・シェイロンの正面にあるディス小屋。

トレックの中間地点、アローラへ。一息つける山間の小さな村。


モイリィ湖への下り。いよいよチナールの山へ。

このチナールからホテルヴァイスホルンへ至るセクションは特に花が綺麗でしたね。

最後の峠を越えていよいよツェルマットの谷へ。正面はブライトホルン。サンリュックへの下り。

4月にもスキーのオートルートに訪れていたので1年で春と夏のオートルートを歩いたことになりました・・・。ご参加の皆様ありがとうございました。
(ツアーリーダー・黒澤)

コメント

Aug 08, 2013, 09:47:03 宮崎 wrote:

SHR、4年前の手塚さんとのトレックを懐かしく思い出しました。あの時は残雪どころか降雪でショーのコル越えがカットされ残念でしたが、プラフルーリ小屋以降は好天となり楽しく歩くことができました。

黒澤さんともまたご一緒する機会が出来たらなと思っています。

Aug 08, 2013, 10:08:12 kuro wrote:

宮崎さま

コメントありがとうございます。今年の夏のオートルートは、ピッケル・アイゼンを駆使したなかなか手ごたえのあるトレックでした。これも自然の魅力で印象深い旅となりました。

このコース中では、「ツール・ドュ・マッターホルン」の踏破を目指すトレッカーに実は結構出会います。行程の半分は重複しているのですね。

来年あたりはツェルマット~アローラ間の国境の南、イタリア側のツアーを作って、かつて夏のオートルートを歩かれた方をお誘いしてみようかと考えています。

宮崎さんともまたどこかでご一緒できたら素敵ですね・・・。

手塚TCは明日から最後のモンブラン登頂ツアーに同行し、その後も暫くシャモニに滞在です。

コメントを投稿する

Comment Form

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2013-08   >
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報