Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

August 2013を表示しています

花のスイスをこれでもかと・・

Aug 23, 2013 by Mura | 2 つのコメントを見る
堪能しました。
7/10出発スイスアルプスフラワーハイキング9日間です。

グリンデルワルト。
アイガー北壁の迫力に圧倒されつつハイキング。
アルペンローゼ(赤)が真っ盛りです。

NO.人気、ワスレナグサAlpine wood forget-me-not
続きを読む...

祝!新装開店モンブラン・グーテ小屋

Aug 23, 2013 by Mura | コメントを投稿する
2013夏も急ぎ足で駆けていきました。。

さて、遅ればせながら
7月のモンブラン登頂に同行させていただきました。
今年から新しくなったグーテ小屋をご紹介します。

本当に出来たんです!
いや~ものすごく快適になりました。フランス山岳会の力恐るべし。
続きを読む...

マッターホルン

Aug 19, 2013 by kuro | 3 つのコメントを見る
このアトラスブログでも度々登場している、スノーボーダーのSさん。
今夏はマッターホルンに登っちゃいました・・・(喜)。

思えばバックカントリースノーボードが高じて雪山登山へ、それからトレランや国内でのガイド山行へとエスカレート(笑)し、気がついたらマッターホルンに無事登頂・・・。

いただいたメールに、「毎日マッターホルン登りたかったなあ。」って・・・。
初めてですこんな感想を述べられたお客さんは・・・(笑)。

Sさん、お疲れ様でした。次ぎはアイガーでしょうか?
(東京・黒澤)

メンヒとアイガー2013

Aug 16, 2013 by kuro | コメントを投稿する
お客さんから無事メンヒ(4,107m)とアイガー(3,970m)の登山を楽しまれたとのレポートが早速到着。


ここ数日、天気が安定していなかったのでチャンスを掴めるか少し心配でしたが、さすがSさま、昨年に引き続きアイガー登頂です。その登山のスマートさもさすがです。

【メンヒ、参考コースタイム】
ユングフラウヨッホ駅~(2時間15分)~メンヒ頂上
メンヒ頂上~(1時間55分)~ユングフラウヨッホ駅

今回のアイガー記事は登山途中のルートの画像を中心に。



【アイガー東山稜、参考コースタイム】
アイスメーア駅(15:25発)~(1時間20分)~ミッテルレギ小屋(16:45着)(泊)
ミッテルレギ小屋(4:25発)~(3時間)~-アイガー頂上(7:25着)
アイガー頂上(7:45発)~(3時間10分)~メンヒヨッホ小屋(10:55着)-ユングフラウヨッホ駅(11:25着)

(東京・黒澤)

モンテローザ2013

Aug 14, 2013 by kuro | コメントを投稿する

当初は別の山を目指してツェルマット入りしましたが、モンテ・ローザの登頂を果たしました。

モンテ・ローザは、イタリア・スイス国境にあるアルプス山脈で2番目に高い山。ちなみにスイスの最高峰。またこの山は、複数のピークからなる山群の名称で、その最高点はデュフールスピッツェ4,634mでイタリア側にあります。

(写真はツアーリーダーとして同行した手塚さんより)
(東京・黒澤)

エコールミレー最終章「モンブラン登頂」

Aug 12, 2013 by kuro | コメントを投稿する

エコール・ミレー(ミレー登山教室)最終ツアーのモンブラン登頂10日間も無事登頂。

鈴木昇己さんをはじめ日本人国際ガイドが登山をサポートし、モンブラン登山までの準備山行をシャモニ周辺で充分行なうのがこの企画の特徴。


シャモニでは、ミレー本社のスタッフやシャモニガイド組合の社長さんらによるスペリャルなシャモニのご案内というオマケ付。来週には毎年恒例のシャモニではガイド祭が開催されますが、来年あたりはこれにからめたシャモニの休日を楽しめないかと検討中。(東京・黒澤)

フリープランで登るマッターホルンとモンブラン

Aug 09, 2013 by kuro | コメントを投稿する
まだまだシーズン真っ最中ですが、今シーズンの幾つかの興味深い結果についてのレポートです。


先ず、募集ツアーではなくアルプスフリープラン(オーダーメイドの受注型企画旅行での旅行)で登ったKさまのマッターホルンとモンブラン登頂11日間。
様々な日程上の工夫が効を奏したのと、現場で限られたチャンスを上手く掴めたことによる結果でした。正に理想的なスピーディ連続登頂でした。限られたお休みでもチャレンジできる柔軟な発想と計画が注目でした。お疲れさまでした。
(東京・黒澤)

2013SHR(夏のオートルートトレック)

Aug 07, 2013 by kuro | 2 つのコメントを見る
SHR=Summer Houte Routeね、
って通常は夏のCtoZ(Chamonix to Zermatt)って言うのかな・・・?
こちらも例年と比べて極端に残雪の多い夏のオートルートトレック。
最初の難関はモンフォー小屋からプラフルーリ小屋の行程。

いったいどこが夏山(笑)?雪山トレックじゃあないですかっ!
ティルマンの峠を経由するエスケープもあるんですが、果敢にもショーのコルを越えました。苦労はしましたが天気にも恵まれ静かな山旅を満喫しました。結果、予定のルートを完全踏破できました。

個性的な山小屋の宿泊も魅力です。モンフォー小屋のいつもの気のいい働き者のスタッフやプラフルーリ小屋のおばちゃん、ディス小屋の名物オヤジと気さくなスタッフ・・・などなど。

写真はモンブラン・ドゥ・シェイロンの正面にあるディス小屋。

トレックの中間地点、アローラへ。一息つける山間の小さな村。


モイリィ湖への下り。いよいよチナールの山へ。

このチナールからホテルヴァイスホルンへ至るセクションは特に花が綺麗でしたね。

最後の峠を越えていよいよツェルマットの谷へ。正面はブライトホルン。サンリュックへの下り。

4月にもスキーのオートルートに訪れていたので1年で春と夏のオートルートを歩いたことになりました・・・。ご参加の皆様ありがとうございました。
(ツアーリーダー・黒澤)

2013TMB(ツール・ドュ・モンブラン)

Aug 06, 2013 by kuro | コメントを投稿する
夏真っ盛り!
国内、海外ツアーは連日の出発で、スタッフも出張が多くなってます。
出張と出張の合間にブログを更新。

今年のシーズンインは、多くの残雪と低温でスタートしました。シャモニで気温が4度って夏はいつやってくるの?という印象でしたが、いまではすっかり例年通りのサマーシーズンに突入したようです。登頂ツアーやトレックツアーも予定通り催行しています。

既に帰国した一部のツアーの様子を紹介します。
先ずは雪のめちゃくちゃ多いTMB(ツール・ドュ・モンブラン)。

グラン・コル・フェレを越えてフェレへ向かって。

アイゼン、ピッケル使いまくりのある意味アトラストレックらしい、というかなんというかのツアーでした~。

いやはやほとんど雪山・・・・。天気が良くてよかったです。

花も凄かったです。

アトラスのTMBの魅力は「フネートル・ダルペット越え」でしょう。
何度訪れてもこのコースは素晴らしいです。

状況判断は少々難しいけど、景色といいトリエン氷河の眺めといい「アトラスTMB」のハイライトの一つです。

トリエン村へ向かってトレック。景色が素晴らしい・・・。

お約束のTMB最後の峠、バルムの峠にてモンブラン。

途中では思いがけずアオスタの観光なども楽しんでしまったツアーでした。
ご参加の皆様、ありがとうございましたっ!
(ツアーリーダー・黒澤)

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2013-08   >
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報