Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

July 2012を表示しています

Tさん、マッターホルン無事登頂。

Jul 26, 2012 by kuro | コメントを投稿する
シーズン最初のマッターホルン登頂ツアーでご出発されたお客様から、無事登頂された旨レポートがありました。
マッターホルン頂上にて。

当初、ツェルマットのライブカメラやハイキングツアーで麓から見上げた感じの雪の着き方で、しばらく登山は無理だろうか?と心配していましたが上手くチャンスをつかめたようです。天候予備日もフルに使用しての結果でした。

Tさん、大変お疲れ様でした。(東京・黒澤)

7月20日発のモンブラン登頂とマッターホルン登頂の各ツアー結果。

Jul 25, 2012 by kuro | コメントを投稿する
この出発日は天候にも恵まれ、モンブランは1名様を除き残りの方が登頂。マッターホルンは全員が登頂しました。

参考までに、マッターホルン登山の標準的な行動時間は以下の通り。

午前3:50にヘルンリ小屋を発ち、7:45登頂、11:20ヘルンリ小屋帰着。(遅い方でも12:20に小屋帰着)。

今回のマッターホルンの頂上付近は風が強かったそうです。ソルベイ小屋の下でアイゼンを着けたそうです。(東京・黒澤)

夏山シーズン本格到来!白馬へ行ってきました。

Jul 24, 2012 by kuro | コメントを投稿する
夏山シーズンも本格化。
プライベート企画のガイド登山で、大雪渓~白馬岳~栂池の登山へ。

天気にも恵まれ、快適な夏山登山を堪能。

例年に比べて若干残雪が多目か。
白馬大池~天狗原間も残雪ありで軽アイゼンあった方がいいですね。

山登りを始めたばかりで、一般募集のツアー登山は敷居が高い、個人的な事情に柔軟に対応してもらいたい、などのご希望があれば是非プライベート企画のガイド登山をお勧めします。トップシーズンはガイドの手配が難しくなる場合があるので週末ご希望の場合はお早めにご相談下さい。体力に自信がなければ山小屋宿泊を増やすなど、プランニングからご相談にのります。(山岳ガイド・黒澤)

好日山荘登山学校 ナイトハイク in 高尾山

Jul 18, 2012 by kuro | 2 つのコメントを見る
夜間ハイキングの、ポジティブな楽しみ方とネガティブな観点の知識を深める解説をまじえてハイキングをスタート。

この時期は、イベント「ビアマウント」開催中につき、登山口~ケーブルカーの終点、高尾山駅までの間は夕方でも結構な人。
高尾山山頂で美しい夜景が堪能できます。ここでヘッドランプを装着。下山路の降り口を探すのも苦労するのを実感しました。

ワイワイと談笑しながら楽しいムードで下山。稲荷山展望台は経由すべし。夜景が美しいです。
涼しいし、人は少ないし、強力なヘッドランプの明かりは頼りになるし、ガイドも同行しているという安心感からかリラックスムードで下山を続けました。

ご参加いただいたメンバーの一部の方は、昼間一度高尾山に登って、一度集合場所に下山して、再び登ったという方もいらっしゃいました。夜間にハイキングするのもかなり変わってますが、1日2回登頂も珍しいパターンですね(笑)。

集合時は「どんな山行になるんだろう?」という不安な気持ちを反映した緊張した面持ちの皆さんでしたが、下山口に到着する頃になると、ニコニコ顔で、「思ったより楽しかったです~」との感想がもれました。

柔軟な発想で、楽しみを見出して歩けば夜間のハイキングもなかなか味があって良かったです。
高尾山はそういう意味では交通手段も便利だし、初めての夜間ハイキングには良い場所だと思います。

夜間なので、気の利いた写真がないのが残念(笑)。(山岳ガイド・黒澤)

MAMMUT 150YEARS

Jul 13, 2012 by Mura | 2 つのコメントを見る
マムートさんの150周年記念プロジェクト、アトラストレックも微力ながらお手伝いさせていただきました。ダイジェストムービーがUPされています。



以下、マムートさんのコメント
「2012年はMAMMUT生誕150周年になります。それを記念して世界で150のPEAKに登ろうというプロジェクトが昨年8月から始まりました。MAMMUT JAPANでは150のPEAKのうち、4つのPEAKをになっています。その4つのツアーをダイジェストでご覧下さい。日本のラストのPEAKは富士山。この富士山が1­50 PEAKS PROJECTの100番目のPEAKになりました。」

お揃いの赤いジャケットが壮観ですね。
雑誌等でご覧になった方も多いと思います。

剣の高度感すごい。。(村上)

パプアニューギニア・ハイランド地域

Jul 12, 2012 by Mura | 2 つのコメントを見る
おなじみ?人・物シリーズです。

訪れるのはハイランド地域の主要都市ゴロカ、ウィルヘルム山麓の街クンディアワ。2つの州にまたがる地域での行動面積はそれほど広くはないのですが、この中でも様々な民族が行き交い、多様な言語が飛び交います。

ゴロカからクンディアワへ向かう「ハイランドハイウェイ」の途中、車の交換で休憩してると村人が「珍しいヤツラがいるぞい」と寄ってきました。みんなフレンドリーでいつも笑顔。笑い声デカい!

土砂崩れで車を降りて少し歩くことに。すかさずポーターを手配する敏腕女性(中央)はベティさん。PNGでは有名なビジネスウーマンです。

大活躍するのはトヨタ・ランドクルーザー。素敵なフェイス☆

子供が元気です。

子供シリーズその1

子供シリーズその2
続きを読む...

パプアニューギニアの山△

Jul 11, 2012 by Mura | コメントを投稿する
先月ですが、、、
パプアニューギニアの最高峰のウィルヘルム山(4508m)に登頂してきました。

前日の内に山小屋に入ります。

暗い内に山小屋を出発し、急登にあえぎつつも、

岩壁に陽が当たり、ようやく日の出~↑↑

キレイな空でした。(午前中は・・・)

雲上を歩く至極の時間。がんばったご褒美ですね~。
続きを読む...

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2012-07   >
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報