Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

July 2010を表示しています

槍ケ岳~大キレット~北穂~奥穂~前穂縦走!

Jul 24, 2010 by kuro | コメントを投稿する
連休明けの静かな槍穂縦走を楽しんできました。天候は申し分なく良く、4日間晴れ!今回のような岩が積極的に出てくる縦走登山には大変恵まれた気象条件でした。このコースは何度行ってもその魅力を再確認させられる、日本屈指の縦走コースです。見ての通り、例年より残雪は多めでした。

大人数のいわゆる「ツアー登山」には不向きなコースで、少人数のガイド登山が相応しいルートでしょう。今回も所々ロープを出しました。

奥穂~前穂間の吊尾根縦走中は、遠く南アルプス、八ヶ岳の山並みとその奥には富士山も見えました。

次回の槍ケ岳~「大キレット」~奥穂~「吊尾根」~前穂縦走は、8/26~の4日間の「涸沢フェスティバル・オフィシャルツアー」かな?と。是非、ご検討下さいませ。技術面、体力面で不安な方、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。(東京・黒澤)

ヨーロッパアルプスの三大名峰を望む山小屋宿泊のツアーに添乗しました。

Jul 20, 2010 by kuro | コメントを投稿する
グリンデルワルドでは初日が濃霧でアイガーは望めませんでしたが、二日目は晴天に恵まれ、ファールホルンからシーニゲプラッテへの下山時にアイガー、メンヒ、ユングフラウを眺めることができました。ツェルマットでは、これまた晴天に恵まれ、マッターホルンがこの通り。

ヘルンリヒュッテに宿泊し、翌朝、ヘルンリ稜取付のロープにタッチ!して記念撮影。そしてただいまシャモニへと移動中のバスの中です。今日はラックブランの小屋に宿泊予定です。モンブランは見えるかな? (TC/手塚)

成田スカイアクセス開通!

Jul 19, 2010 by kuro | コメントを投稿する
日暮里~成田第2ターミナルを最短36分で結ぶ「成田スカイアクセス」に開通初日、成田空港への業務のため乗車する機会がありました。日暮里駅や成田空港駅も鉄道マニアの皆さんがカメラを構え賑やかでした。初日でよほど混雑しているのかと思いきやそうでもなく、余裕で席は確保できました。

北総鉄道の線路を使うというなるほど面白いアイディアで利便性を高めた新路線。36分の乗車時間も魅力的。車両もかつての「スカイライナー」のチープさに比べると新幹線のイメージに近い感じ。車両のデザインは山本寛斎氏とか。時速160kmというのも凄い。あの「スカイライナー」の大きなゆれもなく、すこぶる快適。

「成田エクスプレス」「エアポートリムジン(バス)」などにシェアを奪われ、今回の新車両で京成もシェアアップを果たせるか。いつもより海外渡航者っぽくない家族連れなどが車内に目立ったのも、初日ならではか。それでも「成田スカイアクセス」が思ったより空いている反面、ホームの反対側の京成線「快速特急」や「特急」の車両に、大きなスーツケースを抱えて乗り込む外国人観光客の方が目立つ光景は、何だか本来の新路線開通の目的を果たせているのか考えさせられる光景でした。(東京・黒澤)

岩登り講習会

Jul 08, 2010 by kuro | 2 つのコメントを見る
春にBCスキーでご一緒したお客様が槍ヶ岳~穂高連峰の大キレット縦走などを計画中で、岩場の通過に不安を感じ、岩登り講習会をプライベートで開催しました。岩場での行動の注意点やムーブの原理など。最後には3級程度のクライミングを体験。思ったより登れなかった(降雨の合間で岩は濡れていましたし・・・)との感想で今後の課題を見つけられたようです。

参加メンバーの中には、これを機会にクライミングにのめり込みそうな予感がする・・・とおっしゃっる方もいました。新しいジャンルに挑戦するのはどんなものでも楽しいものです。


かつて私の大学山岳部時代、登山に反対していた母親が「野鳥の会」に入会して、その後、自らハイキングに行くようになったり、先日は、山登りなどにはまるで無縁だと思っていた弟が週末に近所のクライミングジムに通い始めたなんてメールをもらうと、山登りに少しは関わっていた身として多少は影響力あったのかなぁ~などと思いました。

私も何か新しいコトを始めてみたくなりました。(東京・黒澤)

公開講座「安全のための知識と技術」7/13(火)東京会場のお知らせ

Jul 02, 2010 by kuro | コメントを投稿する
講座内容は以下の通り。お気軽に足をお運び下さい。入場無料です。
7月13日(火)九段会館 午後6時00分開場
PDF版はこちら)

1.夏山を目指して 山と自然 安全のための知識「夏山の体温管理」
  講師:金田正樹氏(元国立登山研修所 専門調査医院 医師)
2.映像「辺境に遊ぶ」 佐々木大輔氏 提供
3.「山と冒険、ガイド そして安全を目指して」
  講師:佐々木大輔氏(日本山岳ガイド協会認定ガイド、バックカントリーライダー)

*事前の申込受付はしておりません。当日、直接会場へお越し下さい。
*お問い合わせ先:公開講座事務局 TEL03-3358-9781
*主催:(社)日本山岳ガイド協会 共催:山と渓谷社 後援:文部科学省(申請中) 環境庁 観光庁 読売新聞社 協賛:味の素株式会社

涸沢フェス・田部井淳子さんと行く、実感「アミノバイタル®」北穂高登頂ツアー参加者大募集!

Jul 01, 2010 by kuro | コメントを投稿する
山と溪谷社 涸沢フェスティバル2010
田部井淳子さんと行く、実感「アミノバイタル®」北穂高登頂ツアー参加者大募集!

2010年8月27日(金)~29日(日) 2泊3日 38,000円 (上高地集合・解散)
詳しい応募方法はこちら。 (東京・黒澤)

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2010-07   >
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報