Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

June 2010を表示しています

【百万人の山と自然】「安全のための知識と技術 公開講座」のご案内

Jun 29, 2010 by kuro | コメントを投稿する
ガイド協会ロゴマークこのたび社団法人日本山岳ガイド協会は、一般登山者や自然愛好者の安全に対する知識と技術の向上を目的に、公益事業の一環として、7月から9月にかけて全国6都市において「百万人の山と自然 安全のための知識と技術 公開講座」を開催することとなりました。 (パンフレットはこちらをクリック!) 続きを読む...

山と渓谷社「涸沢フェスティバル2010」いよいよ始動!

Jun 25, 2010 by kuro | コメントを投稿する
8月27日(金)~29日(日)と恒例の山と渓谷社さんが開催する「涸沢フェスティバル2010」に今年もツアー設定させていただきました!メイン会場の涸沢から「もう少し上へ」という登山志向の皆様、是非ご検討下さい。弊社のツアーラインナップはこちら

昨年の涸沢フェスでのワンショット。涸沢野営場より前穂。左手は北尾根。正面が奥穂~前穂間の吊尾根。


昨年の涸沢フェスでのワンショット。涸沢の夏の風物詩「テント村」。メーカーさんのブースも充実。


便利な夜行バスも運行します。詳しくはこちら

涸沢で皆さん今年もお会いしましょう!
(「昨年は技術講習会を担当した」東京・黒澤)

登山&マラソンな週末

Jun 22, 2010 by Mura | 4 つのコメントを見る
週末は「乗鞍天空マラソン」に出場しました。登り18.5km、下り11.5km、平地がほとんどない30kmのタフな行程です。1500m~2700mの高低差ですので高度の影響も出ます(ま、トレランやってる人に言わせればたいしたことないでしょうけど)。早くヒーヒーあえぎたい!相変わらずMなM上なのです。

その前の土曜日には焼岳登山を楽しみました。上高地側から登りました。帝国ホテル前でバスを降りて出発。

続きを読む...

「ベアフット」または「フォアフット」という考え方。

Jun 16, 2010 by kuro | 2 つのコメントを見る
ここ数日、某放送局の科学・環境番組のお手伝いで科学的に山登りの謎に迫ろうという仕事に関わっていました。筋電図のデータや足圧データ、振動計のデータや血液データまで採取して山登りをしてみると、「疲労」や「技術」等に対する認識が改めて深まります。自分自身も感覚的にはわかっていても裏付けるデータを持っているわけではないので、まだまだ分からないことが多いものだと勉強になりました(収集したデータの解析はこれからなので結論が出ているわけではないですが・・・、結果は7月中旬頃の放映をご覧下さい)。

また、最近トレーニングで走る時や足場の悪い山道を歩く時、自然とつま先寄りから接地して踵への衝撃を和らげつつ足を運ぶ動きをしているのに気がつきました。ストライドを前方に広くとるというより、上体の真下を踏みつけるようなイメージで接地後は後ろに地面を掻くような足の動きです。



小学校から中学校と10年程剣道をしていて、この時に踵を傷め、その時の大変辛い経験から自然とそういう歩き方をしていたのかもしれません。

長年山登りをしていて自然に身についた技術を、科学的に分析すると意外にも合理的な動きをしているようで興味深いです。

ランニングの技術と山登りの技術の接点もあるかもしれません。実際、山登りをしている方がランニングも同様に楽しんでいたりするわけで共通する観点もあると思います。

ランナーに聞くと、「フォアフット・ランニング」という走法も知られているみたいです。「裸足」に近い日本の走法や歩行って、「地下足袋」じゃん!と(笑)
(東京・黒澤)
続きを読む...

久し振りに面白い本に出合えました。ここ最近のベスト!です。

Jun 09, 2010 by kuro | コメントを投稿する
久し振りに面白い本に出合えました。ここ最近のベスト!です。

「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の"走る民族"」(日本放送出版協会)クリストファー・マクドゥーガル著・ 近藤 隆文訳


ランニングに対する認識が新たになりました。"走る民族"についての人類学的な記述(民族学的側面及び進化論的側面)も面白かったです。何よりも登場人物の魅力的なこと!

「ウルトラランニング」も「マラソン」もそれこそ「登山」だって、年齢や性別でそのパフォーマンスに差が出にくい種目らしくだから老若男女一緒に、そして、長い間趣味として楽しめるんだというのも納得。

それに上記3つの中で、概ね「登山」は他人と記録を巡って争わないのが特徴で、「BORN TO RUN」はそういった知見についても想像力を膨らませてくれました。

是非ご一読を!確かに読後は走り出したくなります(笑)。(東京・黒澤)

夏山登山に便利な「上高地行き往復夜行バス」を運行します!

Jun 03, 2010 by kuro | コメントを投稿する
涸フェス開催決定!

山と渓谷社主催の「涸沢フェスティバル(通称「涸フェス」)」に合わせた、8/26(木)23:30新宿発~8/29(日)20:40新宿着予定の上高地往復です。料金は破格の往復9,000円! 座席に限りがございます。定員に達し次第受付は終了します。お早めにご予約・お申し込みを。詳しくはコチラ

お問い合わせ・お申し込みは、info@atlastrek.co.jpまで。

8/26(木)新宿駅西口23:30発~上高地8/27(金)6:30到着。
8/29(日)上高地15:40発~新宿西口20:40到着予定。
料金:往復9,000円(最少催行人員20名)

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2010-06   >
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報