Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

November 2009を表示しています

今シーズンも南極行ってきます。んで霞ヶ関へ。

Nov 25, 2009 by kuro | 2 つのコメントを見る
昨日、南極地域への入域に必要な届出を環境省へ行ってきました。
昼時だったので日比谷公園にて慌しくランチ。都会の自然にひと時触れました。


「南極」と一言で言っても、正確には以下のように定義されています。

南緯60度より南を「南極地域」、66度付近より南を「南極圏」、そして90度が「南極点」。

今回の旅で着陸する地点は、南緯62度12分、西経58度55分ですので、上記で言う「南極地域」にあたるわけです。そしてこの「南極地域」以南へ出向く場合に、「南極地域の環境の保護に関する法律」で届出(または確認申請)が必要とされているのです。

「南極」というとよく思い浮かべるイメージは、「南極点」かも知れません。でもこの南極点には、南極大陸へ渡って(チリから約4時間半)から更に飛行機(約6時間、途中の氷原で給油をします)で出向かないとなりません。しかも「極点」の近くにはアメリカの基地(アムンゼン・スコット基地)他の施設とモニュメントはありますが、周りは一面真っ白の雪と氷の風景な訳です。実は、一般の方が他にイメージするペンギンやアザラシなどの南極らしい動物が間近に見られるのは、大陸沿いの海岸線や南極半島付近の海があるところ。だから、意外にも南極点に近ければ近いほど期待する南極らしさが増すわけではないのです。

勿論、弊社では毎年のようにビンソン峰(南極大陸最高峰)への登山のお手伝いをしたり、南極点に出向いたりというお手伝いもしますが、南極の旅というのも多様なわけです。今回も南極だけではなく、パタゴニアの山々など広範囲に魅力を伝えられたらと思っています。(東京・黒澤)

晩秋の中・四国百名山の旅(石鎚山編、最終回)

Nov 21, 2009 by Mura | 2 つのコメントを見る
中・四国の百名山の旅、最後は、愛媛の石鎚山(1982m)です。
前夜は石鎚山温泉の湯につかり、リフレッシュしてスタート。

山麓から朝一08:40発の石鎚山ロープウェイ乗車。冬は石鎚スキー場へのアクセスにもなります。

ロープウェイ山頂駅からほどなく「成就」という、お土産屋さん、宿、神社などがある一帯へ。ここより本格的な登山道へ入ります。

登り始めてほどなく石鎚山名物の鎖場。といってもこれは試しの鎖という前哨戦。

試しの鎖を越えると予報通り雨が降り始めました。雨足は徐々に強まり、鎖場の岩も滑るのでこのあとの3つの鎖場をあっさりスルーして迂回コースから山頂へ。

山頂は寒く、展望もなし~。この日出会った登山者は10名ほどでしょうか。

頂上山荘も営業終了済み。お疲れ様でした。

いよいよ本降りの中、足早に下山。再び温泉(京屋旅館さん、お世話になりました!)につかった瞬間と言ったらそれはもう(笑)最高でした。

日本七霊山の一つの石鎚山。次はぜひハイシーズンに修験者の方に交じって登ってみたいものですね。(東京・村上)

四谷の隠れ家・・・・

Nov 19, 2009 by kuro | コメントを投稿する
会社帰りにお気に入りの飲み屋さんに立ち寄ることも多いです。時にはジムでフラフラになるまで汗をかいて、筋肉痛の足を引きずりつつ暖簾をくぐってしまう悲しい習性・・・。せっかくトレーニングしているのに、ビール飲んじゃあだめじゃん!です。

東京本社の近くにある「やきとん家」さんを紹介。職人気質の「ツルさん」が暖かく迎えてくれます。


「やきとん家」〒160-0008 新宿区三栄町18番地2F 電話:03-3359-3380
PM5:00~11:00 日・祝日休

(東京・黒澤)

晩秋の中・四国百名山の旅(剣山編)

Nov 19, 2009 by Mura | コメントを投稿する
中・四国の百名山の旅、大山に続いては、徳島の剣山(1955m)へ。

大山と一転して、平日でもあり、登山客は激減。それでも静かな山を楽しみます。

山頂まではのんびりムード。山小屋も営業してました。

剣山山頂から行く手に見えるジロウギュウへと縦走。

逆の登山口にある「山の家・奥槍戸」まで下りてみましたがご覧の通り、お休みでした・・。

のんびり縦走していると帰路は雨が降り始め、急いで下山。

気軽に登れて、なおかつ四国の深~い山並みを堪能できる剣山は、さすが百名山、でした。(東京・村上)

国内BCスキー&スノーボード 講習会&ツアー 発表。 お待たせいたしました!

Nov 18, 2009 by kuro | コメントを投稿する
これからBCスキーを始めてみようという方、最初は道具の使い方をゲレンデ内で練習を積んでからBCに向かいたいとお考えの方などのご要望にお答えして、「ゲレンデ講習会」を白馬岩岳スキースクールさんの協力のもと充実。

パンフレットは→ここ←よりダウンロード!

山岳ガイドがご案内するスキー入門・再入門、市村政美さん「冬龍門」とのコラボレーション企画・レーシングスキーテクニックに触れる体験、宿と温泉が魅力の小谷温泉BC、例年シークレットエリアへのご案内で好評の白馬の山岳ガイド・山岸慎英氏スペシャル、新企画・北アルプス穂高連峰での上級者向けBCトリップ、混雑するGWの喧騒を避けて静かではあっても豪快なBCスキーがコンパクトに楽しめる中央アルプスBCなど、今年も内容を一層充実して皆様のご参加をお待ち申し上げます。

ヨーロッパアルプスの憧れのオートルート走破のためのトレーニングや技術チェックの機会にも是非ご利用下さい。

技術度、体力度、必要な装備などご不明な点があればお気軽に担当者までお問い合わせ下さい。(東京・黒澤)

今週末は再び奥多摩・川苔山へ。

Nov 13, 2009 by kuro | コメントを投稿する
今回の山行は、少し課題を意識したものを予定しています。例えば、意外に知られていない「歩き方」とか。「体幹」を意識したり、人間の重心位置「丹田」を意識してみることや、関節の動きなどに焦点を当てて「歩きの技術」を再考してみようと思います。例えば、下りの局面で、「怖がらないで!」なんてよく聞きますが、なぜ怖いのかの理由を理解しないで、鈍感になるだけでは大変危険なわけです。それから「呼吸」とか「ペース配分(大抵皆さん早すぎ!)」とか「地図の見方(何のために地図読みが必要なのか?)」や「ルートファインディング(そのコツ)」など。今年の夏に注目された「低体温症」とか・・・。
写真は先週末の「高水三山」の一コマ。


個人的には、これから山を始めようという方々の、「主体性を持った登山」という意識が注目されるといいな・・・などと考えています。そんな一助になれば幸いと日頃の業務にも思いをはせる黒澤でした・・・。(山岳ガイド・黒澤)

晩秋の中・四国百名山の旅(大山編)

Nov 13, 2009 by Mura | コメントを投稿する
中・四国の百名山、大山・剣山・石鎚山に行ってきました。紅葉も終わり、先週は雪の便りも届いていたので念のためアイゼン等雪山装備を持参しましたが、初秋のような気候で、夏山装備で充分でした~(残雪はあり)。

まずは鳥取の大山(1709m)へ。

この日は日曜日でもあり、まだまだ多くの登山客で賑わっていました。

山頂に近づくにつれ、気温も下がり、山頂の山小屋でランチタイム。一息つく方でこちらも大賑わい。

山頂の展望はありませんでした・・・。

下山途中に荒々しい北壁を振り返るもやはりその雄姿は望めませんでした。

久しぶりに登りましたが登り応えのある魅力的な山だと再認識しました。富士山には遠くてなかなか行けないという中国地方の方には伯耆富士(出雲富士)の名が表すとおりの心の山でしょう。

翌日は岡山側からきれいに南壁が望めました。(東京・村上)

晩秋の白馬三山

Nov 12, 2009 by kuro | 2 つのコメントを見る
日本各地、秋から冬へと季節は移り変わっているようですが、冬型の気圧配置が長続きしません。北アルプスも稜線付近は雪で白くなっています。冬の準備も少しづつ進めていますが、肝心の山々はなかなか本格化しません。

先日、冬の企画の打ち合わせに白馬を訪ねました。賑やかな冬シーズンに入る前の静かな晩秋の白馬でした。朝晩は身体がまだ慣れていないせいで随分寒く感じました。

一仕事終えた後は、シーズン中はいつも混雑している「倉下の湯」でのんびり温泉を堪能。極楽、極楽・・・・(笑)。温泉好きなので出かけた先の温泉はチェックしていますが、最近は歳のせいか山行のない週末も近所の健康ランドにお風呂に入りにいってしまったりします・・・。(東京・黒澤)

ザ・ノース・フェイス/バイオテックス日帰りハイキング高水三山

Nov 09, 2009 by kuro | 2 つのコメントを見る
ガイドのお手伝いで参加しました。ご一緒した山岳ガイドには、THE NORTH FACEサポートアスリートとして知られ、日本屈指のトレイルランナーである横山峰弘さん。天候に恵まれ気分のよいハイキングでした。
山は多くのハイカーで賑わい、帰りの青梅線もハイカーであふれていました。山歩きをされる方が増えているのを実感します。

「中高年の登山ブーム」などと言われることもありますが、現場では若い方も多く目にします。「理屈抜きに山にいると癒される」という感想や、登山の原初的な魅力の「達成感」や「充実感」など、古くて新しい感性を求めて山を訪れる、そんな人々も増えているのでしょう。

ツアー登山を取り巻く色々な問題や社会や経済情勢に影響を受ける旅行ビジネスの問題点など、常に考えていることですが、こうやって現場でお客様と触れ合うと、あるべき姿みたいなものが少しずつ見えてくるように感じます。


日本のあるべき登山界の姿をハード面、ソフト面でも支える、今回のイベント企画・主催のゴールドウインさん。今回も大変お世話になりました。(山岳ガイド・黒澤)

オートルート・クラシック(シャモニ~ツェルマット)(その3)

Nov 04, 2009 by kuro | コメントを投稿する
以下の画像は昨シーズンの「オートルート」、残念ながら走破は叶わなかったものです。

厳しい(厳しそうな?)シーンが中心の画像ですが、こういうことも無論ありえるという心構えには最適な(?)写真です。

昨年は悪天候により、前半のトリエン小屋よりヘリコプターにて緊急下山!
雪崩のリスクが急激に高まったためです。


思わぬ降雪で急遽、標高の低い山域でBCスキーを楽しみました。Nさん、Mさん、大変お疲れ様でした。(東京・黒澤)

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2009-11   >
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報