Comment Form
<%errordiv()%>
<%callback(FormExtra,commentform-notloggedin)%>

June 2009を表示しています

「劔岳点の記」鑑賞。

Jun 22, 2009 by kuro | 2 つのコメントを見る
先週末、いよいよ東京でもロードショーが始まりました。
「劔岳点の記」

試写会を見た関係者より何となく評判は聞いていましたが、楽しみにしていました。内容には触れませんが、良い作品だったと思います。映画作品に対して、見る側は色々な要求や期待があるのかもしれませんが、先ずは映像作品としてよくここまで撮影できたものだと驚きました。特に山登りをする人で劔岳を良く知っている人には撮影に対する細部のこだわりが驚きをもって気づかされると思います。

個人的には新田次郎の原作は、どこか地味なストーリーに感じられ、これをどうやって映画にするんだろうと思っていましたら、なるほど実際はこういう作り方ってありなんだと・・・。
私は、話の要所で差し込まれるちょっとした一シーンや、短いセリフに、きっと何度観ても飽きない作品の深みがあると思いました。いつもは大抵、映画と原作本を比べてしまって、つい別の表現手段だとはわかっていても、イマジネーションを刺激され、自由な解釈が可能な原作本の方が良かったなという印象をもちがちなのですが、この作品は、ある意味、文学的な深みを感じることができました。これはきっと山岳環境や山登り、山案内人という身近な材料を元にした作品であるが故に得られる情報量や思いの違いなのかもしれません。

ともあれ今後の人生で何度も観ることになるだろうし、その都度気づかされたり、考えさせられたりするのだろうと思いました。
劔岳周辺の地理的な概念がわかっていないとついていけないシーンもありますが、これは何度も観たり、原作本の概念図や地図を眺めてみたり、できれば登ってみる(!)とより理解が深まるでしょう。作品中には多くのテーマが埋め込まれていて、監督の作品(人生)に対する強い思いを感じることができます。日本にはこんな素晴らしい場所もあるんだ、というシンプルな驚きも含めて多くの方に観ていただきたい映画だと思いました。(東京・黒澤)

P.S.とあるトークショーで、木村監督から多賀谷さんを「山岳監督であり、俳優であり、山岳ガイド」であると紹介してくれと言われたことがありました。なるほど・・・でした(笑)。

【追加記事】 コメントにネタばれ内容含みますのでご注意下さい。

アルペン・アスリートのためのニュージーランド・レーシングキャンプを今年も募集します。

Jun 17, 2009 by kuro | コメントを投稿する
ナショナルチームのコーチとして幾多の名選手を育て、現在「スキー冬龍門」を主宰する市村政美と、「プラスアップレーシング」を主宰する山岸公夫、そして幾多のプロレースで活躍し、「ダイナマイトレーシング」を率いる原田達也との共同で今年も真冬のニュージーランドを舞台に開催するレーシング・キャンプの参加者を募集致します。

詳しくはWebサイト募集チラシを参照下さい。更に詳しい旅行条件・トレーニング内容は募集要項をご請求下さい。(東京・黒澤)

関東の「三大居酒屋」?

Jun 16, 2009 by kuro | コメントを投稿する
とあるグルメサイトの記事に「関東の『三大居酒屋』」なんて記述がありました。この記事の投稿者曰く、「鍵屋」と神楽坂の「伊勢藤」、野毛の「武蔵屋」をして多くの異論はないだろうと・・。機会があり、このうち2つを訪れることになりました。先ずは「伊勢藤」(「いせとう」と読みます)。

17:00の開店直後、あっという間に満席。食事というより、お酒(日本酒)を飲むことを目的とした場所。つまみは「一汁四菜」(味噌汁、グリーンピース、卵焼き、イカの塩辛、蕎麦)で、この他にも何点かたのめる品があります。お酒は日本酒のみ。お酒のお燗にはそうとうこだわりがありそう。独特なお店の雰囲気に賛否両論(あるいは好き嫌い)はありそうなのは良くわかります(笑)。私も例外に漏れず、職業柄の大きな声に「お静かに願います」と言われちゃいました・・・。海外旅行にご一緒したお客様と、充実した旅の記憶に思いをはせ、日本の良さも再認識しようじゃあないかと、そういったテーマに沿った居酒屋めぐりでした。個人的には大変興味深い経験をさせていただきました。ありがとうございます。
そして、2つ目のお店、鶯谷の「鍵屋」へ。

ここは前者とは対象的にリラックス(?)できる気さくなお店でした。ご主人やおかみさんとの会話も弾みお酒もすすみます。こちらも燗酒で。いつの間にか、「とりあえずビール」なんて邪道だ!と、今日一日、日本酒オンリーで通しました。このお店でいただいた「畳鰯」が美味かったです。(東京・黒澤)

「第4回北アルプス山岳功労賞」授賞式及び映画会

Jun 15, 2009 by kuro | コメントを投稿する
6/14(日)に松本で開催された、「北アルプスブロードバンドネットワーク」さん主催の授賞式と映画会のお手伝いに。、「アルプス圏の山岳環境の保全を目的とした、野生動物の生態研究の実施」および、 「野生動物の保護管理への取り組みと、農林業被害防除の技術普及」を長年にわたり取り組んでおられます信州大学農学部の泉山茂之准教授が受賞されました。
山岳地域での野生動物との共存について、例えばニホンザル、熊の北アルプスでの生態状況、山岳地域でのゴミ問題などのレポートを含む先生の基調講演でも大変興味深いお話がうかがえました。

日本の登山は野生動物達と否応なく関わらざるを得ないという点では、それだけ自然が豊かということでもあるわけです。害獣として駆除するばかりが関わり方ではないわけで、共存していく方向性に改めて共感しました。

その後、映画「星と嵐」の上映会。50年以上前の映画で、これまで何度観たことか・・。今でも鑑賞する度に学ばされる映画です。今回はあたらめて、最後のシーンにおける、信頼感でつながったガイドとクライアントの関係性についてのくだりや、「危険」と「困難」の違いについてなど再考するよい機会になりました。
それにしても、映画とは言え、ヨーロッパ各地の困難な壁を次々と渡り歩く旅はスリリングです。各方面の山小屋関係の皆様にもお会いできました。今シーズンもよろしくお願いします。(東京・黒澤)

滑り納め!立山BCスキー。

Jun 03, 2009 by kuro | コメントを投稿する
日頃、5月いっぱいくらい、梅雨に入る前までの立山は結構いいよね・・・と思っていましたが今年もまずまずのコンディションでした。積雪量は例年より少なめとはいってもさすが立山、無数に滑るラインはあります。今年は特にこれまであまり雨が降らなかったことで、雪面に現れる水の流れた跡も少なくてフラットな斜面が滑りやすかったです。気温は意外にもGW明け頃よりも低く感じました。そういう意味では、積雪の深いところは締まり、表面が適度に緩む感じでこれもGood。GW明けころの気温が上昇したときはグズグズともぐってしまう積雪に苦労したことを思うと快適。

GW頃や例年開催しているTNFの立山イベントで、なんだか滑りのモードは収束に向かい、「これでシーズン終了!」みたいな気分になるところですが、いやいや、5月下旬の気候が穏やかな時期のまったりとした滑りも良いものです。来シーズンは皆さんも是非!

参考までに2009年6月2日の立山周辺の状況をレポートします。

一ノ越より浄土・龍王方面の稜線は夏道がかなり出ています。スキー靴で歩くにはツライところ。スノーボードブーツなら問題ないでしょうし、スキーなら兼用靴がベターか。

一ノ越周辺から富山側を眺めるとこんな感じ。

一ノ越から下部の斜面もまだまだ滑り応えありました。御山谷も大きな岩のあるところまで快適なスキーができます。タンボ平は上部はまだ行けそうでしたが、ロープウェイ駅近くはかなりの藪漕ぎが強いられそうな状況でした。実際は何人も東一ノ越を目指すスキーヤーを見かけましたが、扇沢から私達が見たかぎりではちょっと大変そう・・・かなと。

来期はそんなわけで5月下旬も積極的にお誘いしますので皆さんよろしく(笑)。板のチューンナップは6月の梅雨に入ってからにしましょう(笑)。山小屋のテラスで生ビールを飲み、リラックスムードでハイクして、快適なザラメを滑降・・・。「春スキー&スノーボード」でもない・・・「初夏」って感じでもない・・・来年までにうまいネーミング考えときます・・・(山岳ガイド・黒澤)。

最後に先日のTNFイベントにご参加のY画伯のイラストを掲載します。いい感じです。

このブログについて:

アウトドアアクティビティを専門とする旅行会社である株式会社アトラストレックのブログです。海外登山・トレックに関するトピックやニュースなど配信予定です。スタッフとお客様とのコミュニケーションの場としても機能させたいと考えています。

最新のコメント

最新のトラックバック

    リンク:

    - アトラストレック
    - (社)日本山岳ガイド協会
    - パワーゾーン

    Menu:

    <   2009-06   >
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    カテゴリ
    全てのカテゴリ
    ・このブログについて
    ・その他・一般
    ・アメリカ電子渡航承認システム(ESTA/エスタ)について
    ・イベント、説明会のご案内
    ・スタッフからのお知らせ
    ・レーシングスキー
    ・BCスキー&スノーボード
    ・国内登山・トレック情報
    ・旅行業界ネタ、海外情勢など
    ・海外登山・トレック情報